(写真:Shutterstock)

 かれこれ10年以上、700人以上の人たちにインタビューしていると、決して忘れることのできない言葉に出合うことがある。ある大手老舗企業のトップの言葉もその一つだ。

 「社長がいちばんやっちゃいけないのは、社員を不安にさせることなんですよ」

 一見シンプルな言葉だが、「不安」は人間が抱くさまざまな感情の中で、最もやっかいな感情である。特に職場では、楽しい、めんどくさい、イヤといった単純な感情に加え、嫉妬、羨望、イライラ、怒り、不安、一体感、共感、恋愛、信頼など、多種多様な感情が生じ入り乱れる。職場は「感情の宝庫」といっても過言ではない。

あるのは不安と恐怖

 そんな感情がうごめく職場の先頭に立つ“社長さん”が「社員を不安にさせたら会社はつぶれる」と断言した。

 「会社員人生なんてもんは理不尽の連続です。それに耐えるには、やっぱり社長への信頼しかないわけですよ。河合さんは『不安の反対は前に進むこと』ってよく言っていますよね。それは全くその通りだと思います。個人の場合はね。でも、会社という単位で考えると、不安の反対は信頼。トップへの信頼なんです」

 不安の反対は信頼――。その信頼が、今、ない。あるのは不安と恐怖だ。

 1月13日、共同通信が「政府、入院拒否のコロナ感染者に懲役刑想定」という記事を配信した。その直後からSNS、テレビ、新聞、ラジオが、この問題を取り上げ、賛否入り乱れたのはご承知の通りだ。

 すったもんだの末、1月28日に「1年以下の懲役」は削除、「100万円以下の刑事罰」は「50万円以下の行政罰」に変わったけど、13日の一報を聞いたときには違和感しかなかった。

 で、その違和感は、28日の参議院予算委員会のやり取りを見て、不安と恐怖に変わった。

 日本共産党の小池晃氏が27日公開の厚生労働省の審議会議事録を確認したところ、罰則に賛成したのは3人だけで、慎重意見が3人、反対か懸念を表明したのが8人だったと指摘。それに対し、菅義偉首相も田村憲久厚生労働相も、「おおむね了承が得られたので(改正案を)提出した。問題ない」と繰り返すだけだった。

続きを読む 2/5 犯罪と刑罰との均衡、取れているか

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1510文字 / 全文5057文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。