おそらく上司たちも、これまで「なんとなく」やっていたことが2次元の世界だとできなくなり、マネジャーとしての役割に自信を持てないでいるのだろう。

 先日も、そんな上司たちの“不安”を垣間見ることができる調査結果がSNSで話題になった。

テレワークと“サボり”の関係性

 20代の約2人に1人、30代以上の約3人に1人が「テレワーク時、サボっていると思われるストレス」を実感。また、「テレワーク時、チームメンバーや上司・部下などに対してサボっているのでは、と思ってしまう」と回答する傾向は年代が高いほど高く、20代では27%だったのに対し、50代以上になると54.5%とほぼ倍だった(ヌーラボ「テレワークと“サボり”の関係性に関するアンケート調査」)。

 同様の傾向は、その他のインターネット調査でも認められている。

 「リモートワークをしていて不安があるか?」という問いに、77.3%が「不安がある」と回答。不安の内容のトップは「自分の仕事の質や生産性」で、2位は「部署、チーム、組織として、提供価値の質が落ちているのではないか」、3位は「自分がサボっていると周りに思われている」「重要な情報を知ることができていない」と続いていた(カオナビHRテクノロジー総研「リモートワーク実態フォロー調査」)

 この調査では「上司と部下のギャップの大きい項目」も公表していて、差が最も大きかった3項目が、「周りがサボっているのではないか」(上司21%、部下5.1%)、「他の社員の業務で問題が起きたときに自分が気づけないのではないか」(上司25.2%、部下11.5%)、「中長期的に自組織の業績が下がるのではないか」(上司21.7%、部下10.8%)で、マネジメントとしての責任ある立場の上司側の不安が浮き彫りになった格好である。

 こういった結果を見ると、「日本は会社にくることが仕事になってるから、管理職の仕事が管理するだけになってるからダメなんだよ!」と、日本特有の問題と受け止めがちだが、2次元世界におけるマネジメント側の不安は、世界共通である。

次ページ 人のつながりは「感情」から