全6114文字
健康社会学者の河合薫氏(左)と立命館アジア太平洋大学(APU)学長である出口治明氏(出口氏写真=山本 厳)

 健康社会学者の河合薫氏と立命館アジア太平洋大学(APU)学長である出口治明氏。意外にも初対面だという2人が「昭和おじさん社会は変わったのか」というテーマでオンライン対談をした。非正規雇用が拡大しても正社員中心の時代の制度を引きずる日本の企業、男性優位の意識が残る日本の社会など、時代が令和に移ってもなお昭和の残滓(ざんし)を引きずる日本を指して、河合氏は「昭和おじさん社会」と呼ぶ。そんな河合氏が発するニッポンの今に対する様々な疑問に、昭和23年生まれの碩学(せきがく)は何と答えるのか。3回に分けてお届けする(編集部)。

「昭和おじさん社会」、なぜ変わらない?

河合薫氏:本日のテーマの「昭和おじさん社会」というのは、一言でいえば「昭和のモデルに基づいた社会のしくみ」を意味しています。具体的には、長期雇用の正社員、夫婦と子供2人の家族、ピラミッド型の人口構成を基本にした社会です。平成の30年間で、雇用の形も家族の形も、人口構成の形も大きく変わったのに、昭和時代のモデルをベースに日本は動き続けています。その結果、様々な不平等が生まれています。今回のコロナ禍で生じている問題も、これまで社会の様々な秩序の中でたまっていたひずみが顕在化したにすぎません。

 そこで昭和のど真ん中を生き抜いてこられて、平成の時代には企業の経営者としてご活躍し、今は大学の学長と、常に新しい時代を引っ張るリーダーである出口さんに、「昭和おじさん社会」に対するご意見をいただきたいなと思って、対談をリクエストさせていただきました。

出口治明氏:光栄です。「昭和おじさん」というのは別に、高齢の日本人の男性を意味しているわけではないんでしょう。

河合:その通りです。昭和で当たり前とされた男社会を象徴するものとして使っています。でも、私が「昭和おじさん」と呼ぶと、「おばさんもいるじゃないか!」とか「わざわざおじさんと呼ぶことはない!」と、怒る方もいらっしゃいます。

出口:なるほど。昭和おじさんでもいいと思いますが、男社会というよりは、性差別とはっきり述べたほうがいいと思いますよ。

河合:女性差別ですか。

出口:はい、性差別。昭和の社会は、製造業の工場モデルをベースにしているのです。製造業の工場というのは長時間労働が向いているのです。機械は疲れないので、24時間操業が一番効率がいい。加えて製造業の工場は重いものも運ぶので、男性のほうが向いているのです。男性と女性の差は筋力だけですから。

河合:最近は、私のような力持ちの女性もいるかもしれませんが(笑)。