全5748文字
(写真:Shutterstock)

 「緊急事態宣言」でザワついてる最中ではあるが゙、防止拡大の成否にも影響思しそうなので感染者が急増し不安感が急激に高まった現時点(4月3日)で起きたことを書き残しておこうと思う。テーマは新型コロナ感染拡大が始まった初期から、ずっと問題になっていたことの一つ、「透明性と伝え方」についてだ。

 先週の火曜日(3月31日)、立て続けにFacebookとTwitter経由で「情報提供」があった。内容はいずれも、LINEに送られてきた「第1回新型コロナ対策のための全国調査」に関するものだった。

 「なんでアンタにくるんだ?!」と不思議に思うかもしれないけど、かれこれ10年以上あちこちで社会問題を発信していると、こういった情報提供は決して珍しいことではない。「ご参考までに!」とご丁寧に送ってくださる方から、「〇〇で△を書いてくれてありがとう! こんなこともあるんです!」といったリアル体験、「河合さん! どうにかしてください!」といった悲鳴まで、SNS時代ならではの直メッセージがリアルタイムで届く。ふむ、実にありがたいことだ。

 で、今回。LINE調査に「これって何のためか分かりますか?」「とりあえず答えちゃったんですけど、大丈夫ですかね」「厚生労働省がホントにやっているのでしょうか?」「これって初期診療でしょうか?」という疑心暗鬼コメントが、LINE画面の写真とともに送られてきたわけだが、その画像を見て驚いた。

 本来、こういった積極的疫学調査は国立感染症研究所、あるいは大学などの公的な機関によって行われるものなのに、なぜ「LINE」なのか? 「『感染拡大の状況を正しく把握し、私たちの生活を守ること』を目的に実施します」と書いてあるが、倫理面に関することや同意を得る部分がない。「この調査について」というリンクは貼ってあるけど、「リンクに飛ぶのも怖い」( by 情報提供者)。

 「調査の目的、対象、期間、分析方法」と「個人情報の取り扱い」などの倫理面を明記し、同意を得た上で調査に参加してもらうのは、調査の基本中の基本だ。

 社会心理調査を生業とする研究者の端くれとして、「なんでもやればいいってもんじゃないでしょ」と、あまりの大ざっぱさにあきれてしまった。

 とはいえ、厚労省のマークがデカデカと付いているので、おそるおそる画面の「この調査について」を押してみたところ、LINEのWEBサイト「厚生労働省に協力して、「LINE」で国内ユーザー8,300万人を対象とした第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を明日実施」が開いた。

 ただ「なぜ、LINE? 厚労省のサイトにつながらないのはなぜ?」という素朴な疑問から、厚労省のHPに飛んだところ……探せど探せど見つからない。そこから疑念を晴らすための厚労省内ネットサーフィンが始まってしまったのである。

調査に関する情報が分かりにくい

 順を追って説明しよう。

 初めに、ホーム画面トップにある「新型コロナウイルス感染症について、こちらをご覧ください」をクリック。「お知らせ」を舐(な)めるように確認するも、「ガールズコレクション動画公開」やら「安倍首相とテドロスWHO事務局長との電話会談」はあるけど、「LINE」という文字も「全国調査」という文字もいっさい見当たらない。

 画面をスクロールし、膨大なテキストの羅列の中から、関係ありそうな情報を探すが……ない。何もない。目を凝らして上から下まで繰り返しスクロールするけど、「LINE」や「全国調査」と関連ある文字を、“私の視界”は捉えることができなかった。

 「だったら検索だ!」と、右上のカスタム検索のボックスに「LINE」と打ち込んだところ、ありました! やっと、本当にやっと見つかりました!

 ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2020年3月 > の中に、「「厚生労働省とLINEは『新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定』を締結しました」という資料にたどり着いたのである。ふ~っ。