全5757文字
(写真:Shutterstock)

 今回は「父親という存在」について考えてみようと思う。

 2018年1月、三つ子の母親が生後11カ月の次男を床にたたきつけ、死亡させ、傷害致死の罪に問われた控訴審判決で、名古屋高裁は「量刑は『重すぎて不当』とは言えない」として、懲役3年6カ月の実刑とした裁判員裁判の1審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 報道によれば高裁判決は、被告のうつ病が次男の泣き声に対する耐性を著しく低下させたと認定したものの、犯行全体に及ぼした影響は限定的と指摘。「善悪の判断能力や行動を制御する能力が著しく減退した状態だったとは言えない」として、犯行時は「完全責任能力がある」と認定した。

 さらに、「問題を一人で抱え込み、夫や両親、行政機関から十分な支援を受けることができないまま、負担の大きい多胎育児に取り組む中で病状を悪化させた」と、被告の事情に一定の理解を示したものの、「生後わずかで母親によって生命と将来を奪われた被害者の無念さは計り知れず、刑事責任は相当重い」と実刑判決を支持したという。

 この事件については半年前に『三つ子虐待事件の母親を追い詰めた「男社会」の限界』で取り上げたが、……なんともやりきれない判決である。

 SNS上では被告に同情的な声がある一方で、「甘すぎる」「殺人罪を適用すべきだ」とする声もあった。実はこちらに書いたときもそうだった。

 前回取り上げたときのコラムでは、「そもそもなぜ、こんな事件が起きてしまうのか?」という視点で、「ケア労働(無償)」を軽視する日本社会を問題視し、もっと「ケア労働」への理解が進み、「ケア労働」を重んずる社会であったなら、痛ましく悲しいこのような事件は防げたのではないかと書いた。

「耐えている」母たちから厳しい意見が続出

 「国のあり方」「私たちのあり方」を、一度立ち止まって考えてみるべきなのではないか、と。誰が悪いとか、誰それの責任だと、するのではなく、私たちの「哲学」を考えることの必要性を問うた(哲学の意味するところなどは、前回のコラムをお読みください)。

 いつも通りコメント欄には賛否両論があったが、子育てをしている母を名乗る人たちから、「母親に同情するのは間違い、母親を罰するのは当然と言ってください」というメールが数十件届いた(以下、抜粋)。

  • ・「本当に育児は大変で、母親たちはみなギリギリの状況で子育てをしている。心も体も疲弊し、それでも我が子のために歯を食いしばって子育てしている」
  • ・『子どもさえいなければ』という感情に襲われることもある。そんな状況下でも理性を取り戻し、子どもに寄り添っている」
  • ・「なのに、その“一線を越え子に手をかけてしまった母親”と“今も苦労して頑張っている母親”を同じ天びんにかけるのはおかしい」
  • ・「実刑判決は妥当だということをもっと世間に訴えたいので、賛同してください!」
  • ・「子どもの命を軽んじ過ぎている。母親を支援する人を断罪してください!」
  • ・「署名活動を批判してください!」 etc.etc.…