全5900文字

 こういった前提を踏まえ、紹介したい研究がある。タイトルは「無差別殺傷事犯に関する研究」。法務省が2013年に公表した論考である。

 この研究では、2000年~10年までの間に判決が確定した無差別殺傷事件で、刑事施設に入所した52人の属性、犯行内容、動機、犯行の背景などの実態を調査し、無差別殺傷事犯の実態を明らかにしている。目的は繰り返される無差別殺傷事件の効果的な防止策と、適正な処遇を図るための基礎的資料の提供だ。

 本研究では無差別殺傷事件を、「分かりにくい動機に基づき、それまでに殺意を抱くような対立・敵対関係が全くなかった被害者に対して、殺意をもって危害を加えた事件」と定義し、刑事事件記録、刑事施設の記録、保護観察所の記録などに基づき分析した結果、次のようなことが浮かび上がった。

【犯人の基本属性および生活状況】
・多くは男性であり、年齢層は一般殺人と比べると低く、高齢者は少ない
・就労経験があっても長続きせず、犯行時には無職や非正規雇用等の不安定な就労状況にある者がほとんど
・収入は少なく、住所不定だったり、社会福祉施設に居住するなど安定した住居がない者が多い

【人間関係】
・年齢層が低い者は親と同居している者が多いが、 それ以外は単身で生活し、配偶者等と円満な家庭生活を送っている者は少ない
・犯行時に異性の交際相手がいる者はほとんどいない
・犯行時に友人がいなかったり、交友関係が希薄、 険悪である者が多数
・学校や職場に在籍していた時点から、友人関係を築くことができなかった者が多い

【犯行に至るまでの状況】
・犯行前に自殺を図った経験がある者が4割超と多く、引きこもりも2割
・犯行を相当前から決意していた者は少ないものの、犯行時にいきなり思い立ったものではなく、その前から犯行を決意した計画的犯行が多い
・犯行時にいらいらなどの精神的な不調、不安定な状態にあった者が多い。
・犯行前に、医師等に犯行に関する内的衝動を相談していた者も一定の割合いた
・過去の無差別殺傷事件を明確に模倣して犯行を行った者は少なく、マスコミ報道によるアピー ルを明確に意図していた者も少なかった

 また、無差別殺傷事犯者の約半数に前科があり、特徴的な点として放火の前科を有する者の比率が一般殺人に比べて高い。他方、犯行時に不良集団に所属している者は少なかった。被害者については、女性、子供、高齢者などの弱者を攻撃対象として選定する場合が多いことも明かされている。

 さらに、犯人のインタビューなどを通じ、
・誰からも相手にされないという対人的孤立感
・誰にも必要とされていないという対人的疎外感
・失職したことを契機とする将来への不安
・生活に行き詰まり、生きる気力を失った絶望感
・努力しても何も報われないという諦め
・職場でのいじめやストレスへの怒り
・守るもの、失うもの、居場所が何もないという孤独感や虚無感
・自分だけがみじめな思いをしてきたのに周りがぬくぬくと生きているという怒り
・失職や交際相手との復縁がかなわず何事も自分の思惑通りに行かないという憤り

といった不満や閉塞感などが共通して認められた、とまとめている。