2018年の10月から早稲田大学の文化構想学部で担当していた授業が、今週の水曜日をもって終了した。半期(後期だけのコマ)とはいえ、半年間に及ぶ講義を4回、持ち続けてきたことになる。ともあれ、無事完走できたことに安堵している。

 以下、私事ではあるのだが、大学とかかわりを持っていた4年近くの間に気づいたことなどを書き留めておくことにする。

 「大学とかかわりを持っていた」と、文字にしてはみたものの、直近のこの2年間は、コロナ禍の影響で完全なリモート授業(あるいは「オンライン講義」というのだろうか)に終始せねばならなかった。それゆえ、大学の構内には顔を出していない。
 その前の2年間(2018年度と2019年度の後期)は、対面授業のみの設定だった関係で、毎週水曜日の夕方に文学部のキャンパスに通っていた。

 リモートと対面では授業の様相は大きく異なる。

 学生の側がこの2つの講義スタイルの違いをどう感じ、どんなふうに評価しているのかは、正直なところ、よくわからない。アンケートの結果によれば、学生は、おおむねリモートでの授業を歓迎しているのだという。

 本当だろうか? 私は、少々疑っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6311文字 / 全文6896文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。