[画像のクリックで拡大表示]

 あけましておめでとうございます。

 新春恒例の「いろは歌留多」の公開を別にすれば、今回が2022年最初の更新になる。特にめでたいわけではないが、こういう節目は、やはり大切にせねばならないのかもしれない。最近、そう思いはじめている。

 私は、元来、暦に沿ったイベントや式典の類を好まない。というよりも、はっきりと「嫌っている」と言った方が正確だろう。

 それゆえ、若い時分から、入学式や卒業式をはじめ、忘年会や同窓会など、不特定多数の人間が一箇所に集まる会合には、一貫して冷淡な態度で臨んできた。
 クリスマスやバレンタインデーのようなカレンダーに準拠した記念日や、柚子湯のような季節感がらみの動作も、なるべく黙殺してきた。オリンピック、万博、サッカー以外のワールドカップといった国家的なイベントに至っては、積極的に嫌悪してきたと申し上げて良い。

 そのかたくなな設定が、最近、多少崩れつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2371文字 / 全文2820文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。