大阪の話をせねばならない。
 気が重い。
 というのも、最大限に気を使った表現を心がけても、話題が大阪に及ぶと、高い確率で、大阪の人々の反発を買う結果になるからだ。
 これは、昔から変わることなく続いている傾向だ。
 オダジマは、大阪では好まれていない。
 残念だが、このことは認めなければならない。

 当欄でも何回か書いたことだが、20代のはじめの頃、私は、大阪の豊中市というところに8カ月ほど住んでいたことがある。その当時から、自分がどう振る舞っても誤解されることに、当惑を感じたものだったのだが、その印象は現在に至っても変わっていない。

 ものを言っている当人の自覚としては、特段に気取っているつもりはないのだが、私の素のしゃべりは、彼の地では
「気取っている」
 というふうに受け止められる。

 ほかにも
「インテリぶっている」
「ええかっこしいやな」
「あえてややこしい言い回しで人をケムに巻こうとしている」
 と、評判は、さんざんだった。

 私としては、普通の関東の言葉をしゃべっていたにすぎないのに、だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3910文字 / 全文4436文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。