全5108文字

 マスクが品薄らしい。

 案の定の展開だ。

 マスクが品薄になることは、多くの人々にとって、十分に予想されていたことだった。

 にもかかわらず、その不吉な見込み通りに、マスクはもののみごとに品薄になっている。

 なぜかといえば、多くの人々にとってマスクが品薄になる展開が明らかに予見できたからだ。

 同語反復に聞こえるかもしれない。

 が、実際問題として、その同語反復が現実の事態として実現しているのだからして、これはどうしようもない。

 不安は現実化する。

 なぜなら、不安な未来を呼び寄せるのは、未来への不安だからだ。

 これも同語反復だ。

 未来について人々が不安を抱けば抱くほど、不安通りの近未来が招来する。これは、不安という感情の性質からして、回避しようのないなりゆきだ。

 たとえば、銀行の取り付け騒ぎは、人々が金融制度の信用性に不安を抱くことで引き起こされる。

 というのも、個々の預金者にとって、万が一にも自分の預金が引き出せなくなる事態を回避するためには、とりあえず自分の預金を全額引き出しておくことが、最も確実な手立てだからだ。さてしかし、多くの預金者が預金をおろすと、銀行の資金力は衰えることになる。   

 と、金融システム全体から見て、銀行の信用性が毀損されて信用不安が増大する。その結果、預金者にとってはますます預金を引き出す緊急性が高まる。こうなってしまっては、取り付け騒ぎはもう誰にも止められない。そもそも、銀行の信用というのは、「預金者が一斉に預金を引き出さないこと」を前提に保持されていた一種の「思い込み」であったわけで、だとすれば、その幻想なり思い込みなりに疑念が生じた時点で、信用は雲散霧消する。これはどうしようもないことだ。

 2月5日のNHKの夜のニュース番組は、このマスク不足について、異例の長時間を割いて報道していた。

 国会での与野党の論戦に関するニュースの冷淡さ(←解説を一切省いて、野党の質問に答える安倍総理の録画編集映像をそそくさと再生するのみでした)に比べて、マスク不足を伝えるニュースの熱心さは、文字通り「異常」に映った。