全6775文字

 ネット上では、堀江貴文氏のツイートが話題になっている。

 彼は、まず、今回の「年金」デモの参加者を、「税金泥棒」と決めつけている。

《ほんとそんな時間あったら働いて納税しろや。税金泥棒め。》 

 さらに、デモの様子を伝える朝日新聞の記事を引用しつつ
 《バカばっか
「生活できる年金払え」日比谷でデモ 政府の対応に抗議 (朝日新聞デジタル) …》
 という、挑発的なコメントを投げつけている。

 このツイートにリプライする形で
《やはりあなたはそんな考え方しかできず、デモ参加者をバカばっか、と一蹴するのですね。一度刑務に服した人なら人の気持ちがわかったかと思っていましたが、逆でしたね。
庶民のささやかな抵抗すらこんな汚い言葉で一蹴するようなことだけはしないでほしい。人を傷つけるくらいなら黙っていなさい。》

 とツイートしたアカウントに対しては、

 《え?バカはバカって言われないと自覚できないだろ?》
 という返答を返している。

 私が強い印象を抱いたのは、堀江氏の主張の内容や口調そのものよりも、その彼の挑発的な極論を支持する人の数の多さと、その彼らの間に共有されているかに見える「連帯感」の強烈さだった。

 ほとんど誰も堀江氏をたしなめようとしない。

 そして、圧倒的な数のフォロワーが堀江氏の主張に賛同している。

 われわれはいったいどんな異世界にまよいこんでしまったのであろうか。

 以上の状況を踏まえて、私はこう書き込んだ。
 《堀江貴文氏が、無礼な口調で極論を拡散するのは、彼のビジネスでもあれば持ちキャラでもあるのだろう。賛同はできないし、支持もできないが、理解はできる。
私が軽蔑してやまないのは、堀江氏によるこの種の発言に乗っかって浅薄な自己責任論を展開しているアカウントの卑怯な振る舞い方だ。》

 実際、堀江貴文氏自身は、ときに、政府の施策をクソミソにやっつけるツイートを垂れ流していることからもわかる通り、政権に近い立場のアカウントではない。おそらく安倍首相の個人的な支持者でもないはずだ。

 堀江氏は、その場その場で思いついた考えを、特に留保することなく、脊髄反射的に吐き出しているように見える。もちろん、堀江氏なりの基準で、言うべきことと言わずにおくべきことを見極めながら情報発信しているのだとは思うが、少なくとも彼が、なんらかの党派的な思惑に沿って発言内容を調整しているのではないことは事実だと思う。

 ただ、それはそれとして、堀江氏のような一匹狼の論客が、政権にとって好都合な存在であることもまた事実ではある。

 というのも、彼のような自己責任論者のオレオレ万能思想の実践者は、政府には一切期待しないわけだし、仮に政権に失策や不正があっても、まるで気にしない立場のインフルエンサーだからだ。

 そんなわけで、
「政治なんてそんなもんだろ?」
「ってか、人間なんてもともと利己的なわけでどこが問題なんだ?」

 式の、北斗の拳(古い)式の中二病的ニヒリズム&自己超克思想を体現しているホリエモンは、自己啓発書籍にハマりがちなオレオレヒロイズム&一発逆転ロマンチシズム酩酊者にとってはヒーローになぞらえるに最もふさわしいピカレスクなキャラクターになる。

 ついでに申せば
・独立独歩
・背水の陣
・一点突破全面展開
・自己責任
・背水の陣
・徒手空拳
・この広い世界にオレ一人

 という、自己陶酔的な世界観にカブれているプチホリエモンたちにとって、デモに集う人間は、
「大勢でツルんでいる」
 時点で、どうにも矮小な存在に見える。