全5173文字

 新元号の公表を間近に控えて、この3日ほど、テレビ・雑誌をはじめとする商業メディアは、平成を振り返る趣旨の特集企画を文字通りに垂れ流し続けている。

 読者各位も
「平成最後の」
 という、年が明けてからこっち、何百回となく繰り返されてきた安直な接頭辞にうんざりしはじめている頃合いだと思う。

 こんなことを言っている私自身、実は、出版社発の平成回顧企画に乗っかっていたりする。

 具体的には
街場の平成論』(内田樹編著、晶文社刊)という書籍に、9人の共同執筆者(内田樹、小田嶋隆、釈徹宗、白井聡、仲野徹、平川克美、平田オリザ、ブレイディみかこ、鷲田清一)のうちの一人として寄稿しているのだ。

 本書について、簡単に説明しておく。

 内容的に統一性はあまりない。相応にバラけている。あるいは、支離滅裂という言葉を使ってもそんなに的外れではないかもしれない。

 9人の書き手が、事前の相談もなく、それぞれに思うところを思うままに書いたのだからして、統一がとれている方がむしろおかしい。そんなわけなので、全体として食い違いや矛盾が散見されることについては、多様性の然らしむところであると受け止めて、どうか寛容な気持ちで読み進めていただけるとありがたい。

 どんなタイプの読者であっても、最低限5本か6本は関心にこたえるテキストを見つけることができるはずだ。

 興味や関心とは別に、役には立たなくても、面白い文章はあるものだし、面白くなくても心を打つ原稿に出会える可能性はある。そういうところにこそ、オムニバスの価値が宿っていると思う。