マツダの新型SUV(多目的スポーツ車)「CX-60」の発売日がついに発表された。まず排気量3.3Lのディーゼルエンジンに出力12.4kWのモーターを組み合わせた「e-SKYACTIV-D 3.3」のAWD(全輪駆動)仕様が2022年9月15日から販売を開始する。その他のパワートレーン(2.5Lガソリン、プラグインハイブリッドシステム、モーターなしの3.3Lディーゼル)搭載車は同年12月に発売される予定だ。

今回試乗した「CX-60」の「XD-HYBRID Premium Modern」
今回試乗した「CX-60」の「XD-HYBRID Premium Modern」
(写真:筆者が撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 この発表に合わせて、e-SKYACTIV-D 3.3搭載車の試乗会が開催された。さっそくリポートしたいのだが、その前に、改めてCX-60という商品についてざっとおさらいしておこう。

 まず注目されるのが、その開発コンセプトだ。CX-60は、マツダが国内で販売する車種では最高級車になるが、その目指すところは「静粛性」や「乗り心地」、「圧倒的な出力」、「プレミアムな室内」といった一般的な高級車が備える特徴ではなく、「カラダの延長のように意のままに操れるクルマ」である。これまでもマツダは「人馬一体」という言葉に象徴されるように、意のままに操れるクルマを目指してきたが、CX-60ではプラットフォーム、エンジンをすべて新開発してさらに高い次元を目指そうとしている。

 パワートレーンで注目されるのが新開発の3.3Lディーゼルエンジンだ。その最大の特徴は、2.2Lディーゼルに比べて出力・トルクを大幅に向上させながら、同時に燃費も大幅に向上させていることだ。新型ディーゼルを搭載したCX-60のWLTC燃費はモーター付きで21.1km/L、モーターなしでも18.5km/L(いずれもAWD仕様)と、2.2Lディーゼルを搭載する「CX-5」の16.6km/Lを上回り、2クラス下のSUV「CX-3」(1.8Lディーゼル搭載)の19km/Lに匹敵する値を実現している。

CX-60は「CX-5」を上回り、2クラス下の「CX-3」と同等以上の燃費を実現している
CX-60は「CX-5」を上回り、2クラス下の「CX-3」と同等以上の燃費を実現している
(写真:筆者が撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 そして、新開発のプラットフォームは、フロントにダブルウィッシュボーン、リアに5リンクのマルチリンク式サスペンションを採用した。これは、制動時や発進時、あるいは段差を乗り越えたときにも車体のピッチング(車体の重心に左右方向に軸を通してシーソーのように車体前部と後部が逆方向に動く動作)を抑えるようなリンク配置としたもので、どのような運転状況でもドライバーの視線がぶれないことを狙ったものだ。果たしてこうしたマツダの設計の狙いは達成されているのか。さっそく乗り込んでみよう。

CX-60のシャシー周り(AWD仕様)。どのような状況でもドライバーの視線がぶれないことを狙って開発された
CX-60のシャシー周り(AWD仕様)。どのような状況でもドライバーの視線がぶれないことを狙って開発された
(写真:マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ テストコースでの試乗よりマイルドな挙動