2022年8月16日に米国のバイデン大統領が署名したことで、歳出・歳入法(インフレ抑制法)が成立した。この法律が自動車関係者の間で注目されたのは、米国市場における今後のEV(電気自動車)の普及に大きく影響を与えるとみられているからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り964文字 / 全文2400文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマのうんテク」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。