2022年7月21日、中国で電気自動車(EV)最大手の比亜迪(BYD)が、日本の乗用車市場に進出すると発表した。中国では、EVとプラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池車(FCV)を新エネルギー車(NEV)と呼ぶが、BYDはこのNEVを2022年上半期(1〜6月)で前年同期比3倍超となる約64万台を販売し、米Tesla(テスラ)を抜いてNEV販売台数世界一になったという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1357文字 / 全文3342文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマのうんテク」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。