なぜ2.2Lより好燃費? マツダ「CX-60」の新型3.3Lディーゼル

従来(黒線)は上死点(TDC)をかなり過ぎてから燃焼のピークを迎えていたため、熱エネルギーが有効に運動エネルギーに変換されなかった。新たな燃焼方式では排ガスのクリーン性能を維持しながら燃焼のピークをより早くすることで、熱エネルギーが有効に運動エネルギーに変換されるようになった

(出所:マツダ)
閉じる