マツダは新型車「CX-60」の試作車を、同社の美祢テストコースにて報道関係者に試乗させるイベント「ラージ商品群技術フォーラム」を開催した。そこで体験したのは、直列6気筒エンジン、という響きで連想するような「静かで滑らかな高級車」ではなく、「運転する実感」を最大限に重視した新たな高級車像だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3343文字 / 全文3359文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題