例えば近い価格帯のプジョー「e-2008」と比較してみる。ベースグレードの「Allure」にオプションでナビゲーションとETCを追加した場合の価格は約480万円とモデル3のRWDを超えるにもかかわらず、航続距離は360kmとモデル3を大幅に下回る。

 またモーターの最高出力も100kWで、アクセルを踏み込んだときの加速フィールはモデル3よりはだいぶおとなしい。つまり買い得感でモデル3に太刀打ちできていない。

 実はモデル3の価格はちょうど1年前の21年2月に、RWD仕様のモデルで429万円に引き下げられた。そこから何回かの値上げを経て今の価格になっている。つまり、1年前より50万円値上げしても、これだけの価格競争力を保っているということなのだ。

 21年2月以降に日本に入ってきているモデル3は中国・上海工場製で、造り込みの品質は大幅に向上している。中国だから安いというわけでもない。モデル3は世界のどの地域でもほぼ同価格で売られており、そのコスト競争力は驚異的だ。21年決算で通年の営業利益率12.1%という業界一の水準を実現したテスラだが、その強みを実感した今回の試乗だった。

軽快な走りが好印象のe-2008

 テスラが相手では分が悪いe-2008だったが、単独のEVとしてみれば非常に好感の持てるモデルだ。

 全長は4694mmとぎりぎり5ナンバーサイズに収まっているものの、全幅が1849mmもあるモデル3に対して、e-2008は全長4305×全幅1770mmとだいぶコンパクトで取り回ししやすい。

 それでいて、Bセグメント車であるにもかかわらず、ベースとなった208と比べると後席の足回りスペースが拡大され、大人2人が快適に過ごせるスペースが用意されている。モデル3は、膝周りスペースは十分だが、前席下への足入れ性はいまひとつだ。それに若干の「体育座り」を強いられる。これらを考慮すると、後席での過ごしやすさはe-2008のほうが上だと思う。

取り回ししやすいサイズの中で操縦安定性、乗り心地、居住性などを高い水準で実現した「プジョーe-2008」(筆者撮影)
取り回ししやすいサイズの中で操縦安定性、乗り心地、居住性などを高い水準で実現した「プジョーe-2008」(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 絶対的な動力性能ではモデル3にかなわないものの、通常走行では走りの印象は軽快で、しかも乗り心地と操縦安定性のバランスもBセグメント車としてはトップレベルだ。

 同じプラットフォーム・パワートレーンを共有する「DS3 CROSSBACK E-TENSE」にも今回試乗できたが、こちらも乗り味としてはe-2008に近いものの価格は100万円程度上回る。その分、白を基調としたおしゃれな内装が手に入るわけだが、お買い得感は低い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1123文字 / 全文3174文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマのうんテク」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。