驚いた競争が勃発した。電気自動車(EV)の“電費”競争である。もともとEVはエンジン車に比べるとエネルギー効率が高い。エンジン車が燃料の持つエネルギーの2割程度、ハイブリッド車(HEV)でも3割程度しか駆動力に変換できないのに対して、EVは7割以上を変換できる。なのに、そのもともと高いEVのエネルギー効率をさらに高めようという戦いが始まった。舞台は2022年1月の米国ラスベガスである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3040文字 / 全文3068文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題