さらにe-POWER搭載仕様同士で比較しても、価格が先代の「X」グレードの205万9200円から、新型の「X」グレードでは218万6800円へと約13万円上昇している(前輪駆動仕様同士の比較)。ただ、これだけを見れば、パワートレーンの出力が上がっていることや、室内の質感、乗り心地や静粛性が大幅に向上していることを考えると不当に高くはないように感じる。

 しかし、例えば最大の競合車種と思われるホンダの新型「フィット」と比較すると、ノートの割高感が浮き彫りになる。フィットの売れ筋グレードであるハイブリッド仕様の「e:HEV HOME」では、ノートXではオプションとなるLEDヘッドライトや高速道路での運転支援機能(ノートの「プロパイロット」に相当)、本革巻きステアリングなどを標準装備するにもかかわらず、価格は206万8000円と、ノートXより約12万円も安いのである。

 ノートに、この3つの装備をオプションで追加しようとすると(実際には他の装備と抱き合わせになっているので、そこから該当する装備だけを抜き出したとして推定した額)、さらに20万円程度は高くなるので、イメージとしてはフィットよりも30万円くらい高く感じる。同様にトヨタ自動車の「ヤリス」と比較すると、ノートXと装備レベルが近いグレードはヤリスの「HYBRID G」(213万円)だが、ヤリスは標準で高速道路での運転支援機能とディスプレーオーディオを標準装備するから、やはりイメージとしては20万円くらいノートが割高な感じだ。

 ノートのXグレードで、カタログなどに掲載されているブルーとブラックの2トーン塗装を選び、プロパイロットとセットになった純正ナビを装着し、さらにLEDヘッドライトや本革巻きステアリングを装備し、フロアマットなども追加すると、これらの装備と抱き合わせになる機能も含めて、諸費用込みの見積もりは290万円を超える。Bセグメントの車種に300万円近い金額を出すというのは一昔前なら考えにくかったことだろう。

次ページ 大幅に向上した車体剛性