新型コロナウイルス禍ということもあるのかもしれないが、最近とみに、既存メディアの地盤沈下を感じる。今回取り上げる日産自動車の新型「ノート」についても、既にYouTubeには多くの一般ユーザーによる公道試乗動画が掲載されているのだが、この原稿を書いている2月18日現在、まだプロのモータージャーナリストによる公道試乗の記事はwebにほとんど掲載されていない(追記:その翌日の2月19日ごろからようやく掲載され始めた)。筆者も発売されてから日産に試乗を申し込んでみたものの、試乗車を用意できるのが2月中旬以降ということで、まだ試乗車を借り出せていない。そうこうしているうちに、販売店には続々と試乗車が配備され、それを試乗した体験動画がどんどんYouTubeにアップされているわけだ。

2020年12月末に発売された日産自動車の新型「ノート」。今回は試乗したのが“私物”だったので外観は日産の広報写真でご容赦いただきたい(写真:日産自動車)
2020年12月末に発売された日産自動車の新型「ノート」。今回は試乗したのが“私物”だったので外観は日産の広報写真でご容赦いただきたい(写真:日産自動車)

 そんなとき、たまたま筆者の知人が新型ノートを購入して、それを試乗させてもらう機会があったので、今回このタイミングで記事にすることができた。だから今回の試乗記は“広報チューン”なしの(最近はそういうこともあまりない気がするが)、一般消費者が購入した新型ノートの試乗記になる。

プラットフォームを一新

 先に結論を言ってしまうと、新型ノートは先代よりも2ランクくらい上のクルマになった。ボディー剛性、乗り心地、静粛性、室内の質感など、これまで競合他社に後れを取っていた部分を一気に挽回したといっていい。それを可能にしたのがプラットフォームの一新だ。正直にいって、先代ノートのプラットフォームは国内市場で展開するのには力不足だった。

 このコラムの「日産『キックス』は“遊び心”より実用性重視」でも触れたように、先代ノートは現行型「マーチ」から採用が始まった新興国向けプラットフォームの「Vプラットフォーム」を採用していた。このプラットフォームは、新興国での材料の入手しやすさや軽量化、低コスト化を重視したもので、性能的にはマーチクラスでぎりぎり、車体が一回り大きいノートにはやや実力不足というのが正直な印象だった。

 だからノートの全面改良に当たって、筆者はルノー・日産グループのBセグメント車向け新世代プラットフォーム「CMF-B」を採用することを期待していたのだが、一方で、それは難しいかもしれないと感じていた。というのも、先代ノートは当初日米欧の3極で展開するグローバルモデルだったものの、欧州市場では「マイクラ」に取って代わられ、「ヴァーサ」として販売されていた米国でもハッチバックモデルがカタログから落とされた(ノートとは異なるセダンモデルは残っている)ため、事実上国内専用モデルになっていたからだ。市場の小さい国内向けの車種ではコスト削減が優先され、Vプラットフォームが流用されてしまうのではないかという懸念が拭えなかったのだ。

競合車より割高なのは事実

 しかし新型ノートは筆者の懸念を払拭し、CMF-Bプラットフォームを採用して登場した。その結果として、クルマとしての基本性能を大きく向上させることができたわけだ。ただしその代償もある。既に多くの方面から指摘されている価格の高さだ。新型ノートでは従来あったガソリンエンジン仕様がカタログから落とされ、日産が「e-POWER」と呼ぶシリーズハイブリッド仕様のみになった。これによってベース価格が従来の144万6000円(S、前輪駆動仕様)から、新型では一気に202万9500円(S、前輪駆動仕様)へと60万円近く上がった。

続きを読む 2/6

この記事はシリーズ「クルマのうんテク」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。