DCTは通常のAT(自動変速機)のようなトルクコンバーター(トルコン)を持たないため、発進の滑らかさ、特に坂道で止まって走り出すような場面での滑らかさがATに劣る印象を持っていたが、今回のT-Rocでは何事もなかったかのように発進する。これなら、クルマに詳しくない人でも、通常のATと見分けがつかないだろう。

 足回りのセッティングは、ゴルフやティグアンの比較的ソフトな乗り心地に比べると、やや硬めのスポーティーな仕上がりだ。といっても不快さはなく、道路の凹凸を乗り越えたときの衝撃もちゃんと丸めて伝えてくる。この足回りが美点を発揮すると感じたのは時速60km以上の領域で、特に高速走行では路面の継ぎ目を乗り越えても、軽くいなしていく。カーブなどでも姿勢が安定しているので、踏めば太いトルクで加速するエンジンと相まって、高速道路での長距離走行は快適にこなせそうだと感じた。国内で販売されるT-Rocは前輪駆動のみであることも、このクルマがオフロードではなくオンロード重視であることを示している。

 後席スペースや荷物スペースは、ほぼゴルフ並みといえる。後席の足元スペースは、足を組めるほどではないにせよ、前席下への足入れ性は高い車高もあってゴルフよりも良好で、大人2人の長距離移動も快適に過ごせるだろう。燃費は、燃費計の読みで、都内の市街地走行が12.4km/L、高速走行では20.0km/L程度だった。燃料タンク容量は50Lなので、高速道路中心の走行なら1回の給油で1000km近く移動できることになる。

後席の足元スペース。前後方向のスペースはゴルフと同程度だが、前席下への足入れ性はゴルフよりも良好で、大人2人の移動も快適にこなせるだろう(写真:筆者撮影)
後席の足元スペース。前後方向のスペースはゴルフと同程度だが、前席下への足入れ性はゴルフよりも良好で、大人2人の移動も快適にこなせるだろう(写真:筆者撮影)

 新型SUVのT-Rocは、ゴルフに近いコンパクトなサイズの中に大人4人とその荷物を運ぶ十分なスペースを確保し、高速での走りは快適で、長距離走行も楽にこなす。カラーコーディネートされた内外装も相まって、リゾート地へ出かける気分をより盛り上げてくれる車種だろう。SUVが市場の主流になりつつある現在、“新時代のゴルフ”になる資格は十分に備えていると感じた。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「クルマのうんテク」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。