欧州でも、T-Rocと同じクラスで独BMWの「X2」、独アウディの「Q2」、独ダイムラーの「メルセデス・ベンツGLA」、仏グループPSAの「プジョー2008」、仏ルノーの「キャプチャー(CAPTUR)」といった全高を抑えたスタイリッシュなSUVが次々と登場している。こうした流れに対応し、これまでどちらかというと実用性重視のSUVしかラインアップしていなかったVWが、初めて手掛けたクーペSUVがT-Rocということになる。

CセグとBセグの境界があいまいに

 余談だが、この全長4.2―4.3mクラスのSUVはちょうど現在のBセグメントとCセグメントの境目にあり、どんなプラットフォームを選択するかで、各社の戦略は分かれる。例えば最近日産が発売した新型SUVの「キックス」は、全幅がやや狭いのを除くと、T-Rocとかなり車体寸法は近いのだが、キックスのプラットフォームはBセグメントの「ノート」などに使われているVプラットフォームだ。キックスに採用するのに当たって、車重の増加に対応するため、フロントサブフレームの形状を完全に新設計するなど大きく手を入れている。

 同様に、ホンダのヴェゼルはBセグメント車の「フィット」のプラットフォームをベースにしているし、アウディもQ2をBセグメント車と位置づけている。ところが同じVWグループ内にあっても、Q2とサイズが近いT-RocはCセグメント車と位置づけられており、Bセグメントは一回り小さいT-Crossが受け持つ。同様にマツダCX-30、トヨタCH-Rもそれぞれマツダ3、カローラと共通のCセグメント向けプラットフォームを使う。

 これまではCセグメントの代表的な車種であるVWのゴルフを基準にして、セグメントを判断する場合が多かったのだが、Cセグメント内ではゴルフがどちらかというとコンパクトなサイズになっており、一方でBセグメントでもキックスのようにゴルフよりも大きな車体を持つ車種が登場してきて、セグメントの境目はますますあいまいになっている。じゃあこのセグメントという言い方をやめてしまえばいいじゃないかということになるのだが、そうすると、クルマの大きさをイメージしたり、競合車種を考えたりするときに不便だ。セグメントという概念が、なかなか悩ましい状況になっている。

ゴルフに近いサイズ

 セグメントの話が長くなってしまったが、結果としてT-Rocとゴルフは非常に寸法的に近く、ほぼ「ゴルフのSUV版」と言ってもいい仕上がりになっている。ゴルフよりも全長やホイールベースがやや短く、幅はやや広く、全高は大幅に高いという関係は、ちょうどマツダの「マツダ3」と「CX-30」の関係に近い。またT-Rocの全高は1590mmと、同じクラスのクーペSUVの中では比較的高く、VWのクルマらしくクーペSUVであっても実用性を重視していることがうかがえる。

 外観的にまず目を引くのが、豊富なバリエーションが用意される2トーンの塗装だ。今回試乗したのは明るいブルーに白い屋根のモデルだったが、このモデルではインストルメントパネルも車体と同色のブルーのパネルがあしらわれており、ぱっと見てSUVという言葉が連想させるワイルドな感じよりは、どちらかというと都会的な街並みをバックにしたほうが似合いそうな雰囲気を醸し出している。「TDI Style Design Package」というグレードでブルーおよびイエローのボディー塗装色を選ぶと、インパネも同色の仕上げになる。今回試乗したのはこのグレードで、外装、内装ともにブルーの仕様だった。

TDI Style Design Packageの内装。外装色でブルーを選ぶと、内装もブルーになる。シートにもブルーのラインが入る念の入れようだ(写真:フォルクスワーゲンジャパン グループ ジャパン)
TDI Style Design Packageの内装。外装色でブルーを選ぶと、内装もブルーになる。シートにもブルーのラインが入る念の入れようだ(写真:フォルクスワーゲンジャパン グループ ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ スポーティーな乗り心地