全5184文字

新開発のハイブリッドシステム

 とはいえ、新技術を盛り込んでいないわけではない。新型フィットはプラットフォームおよび1.3Lのガソリンエンジンは先代から流用しているが、ガソリンエンジンに組み合わせるCVT(無段変速機)と、ハイブリッドシステムは新開発のものだ。特に注目されるのは新開発のハイブリッドシステムである。

 従来のフィットハイブリッドは「i-DCD」と呼ぶ1モータータイプのハイブリッドシステムを搭載していた。これに対して新型フィットのハイブリッド仕様は、新開発の2モータータイプのハイブリッドシステムを採用している。従来ホンダは、2モータータイプのハイブリッドシステムを「i-MMD」と呼んできたのだが、新型フィットから呼び名を「e:HEV(イー・エイチ・イーブイ)」に改めた。はっきり言って発音しにくいこのネーミングは個人的にはどうかと思うが、その中身は、基本的には従来のi-MMDと同じだ。

新開発のハイブリッドシステム「e:HEV」。従来「i-MMD」と呼んでいた上級車用の2モーターシステムを小型車にも搭載できるように小型・低コスト化した。

 i-MMDについては既にこのコラムの「新型インサイトのもったいない部分」で紹介しているので詳しくは繰り返さないが、i-DCDがエンジン主体で走行し、それを小型のモーターでアシストする方式であるのに対して、i-MMD(というかe:HEV)はエンジンを主に発電に使い、駆動力は主にモーターから得る方式だ。常にエンジンを効率のいい領域で回すことができるため、システム全体の効率が向上するのがメリットだが、発電用モーターや駆動用モーターが大型化するため寸法やコストがかさむという難点がある。このため従来はフィットのような小型車には採用できなかった。