クーペのようなデザインのSUVは最近、内外の完成車メーカーが多く商品化しているからそれだけなら珍しくない。しかしMX-30の大きな特徴は、リアに小型の前開きドアを採用した観音開きとなっていることだ。これはかつてのロータリーエンジンスポーツ車の「RX-8」以来の採用であり、通常の4ドア車とは異なる独特の個性を与えている。

 デザインテイストもはかのマツダ車とは異なる。新世代マツダ車の特徴である「シグネチャーウイング(フロントグリルを縁取るクロームメッキのモールがヘッドライトの下まで伸びたデザイン)」をMX-30ではあえて採用していないのはその一例だ。また「マツダ3」や「CX-30」では光の当たり方で反射の仕方が微妙に変わる複雑な形状がボディーサイドに与えられているが、MX-30のサイドパネルの形状はずっとシンプルだ。

 このようにマツダはMX-30を「EV」としてではなく、特別感のあるSUVクーペとして付加価値を持たせ、高価格というEVのハンディキャップをはね返そうとしている。ただし、今回のモーターショーでは発表されなかった内容もある。それが、ロータリーエンジンの復活だ。

MX-30のプラットフォームの透視図。エンジンルームにはレンジエクステンダーを搭載するためのスペースが空けられている(写真:マツダ)
MX-30のプラットフォームの透視図。エンジンルームにはレンジエクステンダーを搭載するためのスペースが空けられている(写真:マツダ)

 今回発表されたMX-30は、搭載されたバッテリーの容量が35.5kWhと最近のEVとしては比較的小さく、航続距離も約200kmと短い。このことからMX-30は主に都市内を移動する高級SUVクーペとして位置づけられることになるだろう。そして、もっと長い航続距離が必要なユーザー向けには、小型ロータリーエンジンを「レンジエクステンダー」(発電用エンジン)として搭載した車種が追加されることになる。エンジンルームにはそのためのスペースが用意されている。その車種はひょっとすると、これまでのロータリーエンジン搭載車種の例に倣い、「RX-30」と呼ばれることになるのかもしれない。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「クルマのうんテク」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。