また、現行型フィットのフロントシートの形状が筆者にはどうにも合わなかったのだが、新型フィットでは座り心地が大幅に改善された。これはシートの骨格から見直した結果で、今後このシート骨格は他のホンダ車にも横展開されることになるだろう。

 新型フィットに限らず、このコラムの「ついにホンダも発売 各社のEVが似るワケ」で取り上げたホンダ初の量産EV「Honda e」や、このコラムではまだ取り上げていない新型軽自動車「N-WGN」など最近のホンダの新型車は、それまでのホンダ車の、アグレッシブで複雑なデザインから、シンプルなデザインへと大きく方向を変えている。筆者はその変化を好ましく思っているが、国内市場では複雑でアグレッシブなデザインで人気車種になっているものも多い。ホンダデザインの変化が消費者にどう受け入れられるか、興味深く見ているところだ。

彫刻的なデザインの次期レヴォーグ

 フィットとは逆方向の、現行車よりもアグレッシブなデザインを採用したのが、今回のモーターショーでスバルが公開した次期「レヴォーグ」である。発売予定時期が2020年の後半ということもあって、公開されている情報がまだ少ないのだが、外観デザインで目立つのが彫りの深いフロント回りのデザインだ。ヘッドランプよりも大きく前にせり出したグリルや、そのグリルの横に細く深く食い込んだヘッドランプなどの複雑な形状は、ある意味新型フィットのシンプルなデザインと対照的だ。

スバルが公開した次期「レヴォーグ」
スバルが公開した次期「レヴォーグ」
プロトタイプ車という位置付けだが、ほぼこのまま発売される見通しだ。フロント回りには複雑なデザインを採用した(写真:スバル)
プロトタイプ車という位置付けだが、ほぼこのまま発売される見通しだ。フロント回りには複雑なデザインを採用した(写真:スバル)

 新型レヴォーグは、スバルの新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」が採用されることや、同社が第4世代と呼ぶ新世代の1.8L・水平対向4気筒直噴ターボエンジンを搭載する予定なのも注目点だ。SGPは既に「インプレッサ」や「フォレスター」「レガシィ」に採用されているが、第4世代水平対向エンジンの採用は初めてで、新しいプラットフォームに新しいパワートレーンが組み合わせられる最初の新型車になる。さらに、運転支援システム「アイサイト」も「ver.4」に進化し、渋滞時の“手放し運転”が可能になるほか、ウインカーレバーを操作すると自動的にハンドル操作をして進路変更してくれる機能も追加される予定で、新世代のスバル車を象徴するクルマになりそうだ。

次ページ MX-30の “MX”とは