全3870文字

長距離用EVのプラットフォームを初公開

 今回のホンダミーティングで一番の驚きは、Honda eとは別の、一回り大きい車種向けのEV専用プラットフォームを発表したことだ。Honda eはいわゆるBセグメント級の車種で、先程も触れたように航続距離も200km以上と短い。2017年の東京モーターショーでこのモデルのコンセプト車が発表されたときには説明員から、EVは航続距離を伸ばそうとすると搭載する電池が増え、コスト・重量面で不利なので都市内移動向けが適していると考えている、と説明を受けた。

なので筆者はホンダはEV=都市内移動向けのモビリティという考えなのだと思っていた。それが今回発表されたEV専用プラットフォームでは航続距離が500km以上に伸ばされ、車格もC0Dセグメントに拡大された。先にトヨタが発表したEV専用プラットフォーム「e-TNGA」や、その前にドイツ・フォルクスワーゲンが発表したEV専用プラットフォーム「MEB」と真っ向から勝負することになる。

ホンダが今回発表したEV専用プラットフォーム(写真:ホンダ)
VWのEV専用プラットフォーム「MEB」(写真:フォルクスワーゲン)

 これら3社のEV専用プラットフォームは、構成が非常に似ている。客室の床下に電池を敷き詰め、基本的には後輪を駆動するRR(リアエンジン・リアドライブ)だ。現在のエンジン車で主流のFF(フロントエンジン・フロントドライブ)とは逆になるが、RRレイアウトには多くのメリットがある。第一にスペースの有効活用だ。モーターはエンジンに比べて小さいので後輪駆動用モーターは床下にコンパクトに収納できる。そうするとフロントのエンジンルームに当たる部分は小さくできる(充電器などがあるので空にはできない)から、全長の割に室内を広く取れる。

 前輪は操舵だけでドライブシャフトがなくなるからタイヤの切れ角を大きくでき、小回り性能が向上する。電池を床下に搭載するので客室の床面は高くなるが、後輪の間に薄型のモーターを搭載することで、客室から荷室までフラットな室内を実現できる。このため1つのプラットフォームでセダンタイプだけでなく、SUVやミニバン、さらには移動サービス用の車両まで幅広い車種をカバーできる。

 もちろん、駆動方式という面から考えても、発進時や登坂時には後輪に荷重がかかるので後輪駆動のほうが路面に効率的に駆動力を伝えられる。3社のEV専用プラットフォームの構成が期せずして似通っているのは、合理性を突き詰めた結果だ。世界中のメーカーのクルマがFFレイアウトだったり、日本のメーカーのミニバンがみな似たデザインなのも、それが合理的な設計だからだ。

 ということで今回はEVの説明ばかりで終わってしまったが、次回は今回取り上げられなかった新しい小型車向けハイブリッドシステムや、自動運転についての話題を取り上げたい。

■変更履歴
記事本文が重複して表示されていた状態を修正しました。 [2019/8/28 10:10]