全5795文字

ステレオカメラだけで運転支援

 性能の向上には先進安全装備の進化も含まれる。これまでダイハツは主にステレオカメラ(と周辺監視用のカメラおよび超音波センサー)を使った運転支援技術である「スマートアシストIII」を展開してきた。従来の主な機能は「衝突警報機能」「衝突回避支援ブレーキ機能」「車線逸脱警報機能」「誤発進抑制機能(前方、後方)」「先行車発進お知らせ機能」「オートハイビーム」だが、DNGAでは従来と同様にセンサーとしてはステレオカメラを使いながら、より多くの機能を追加した。

 具体的には「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持しながら先行車に追従し停車まで制御する機能)」、「駐車支援機能のスマートパノラマパーキングアシスト(駐車時のステアリング操作をアシストする機能)」、「LKC(レーンキープコントロール、車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシストする機能)」、「車線逸脱抑制制御機能(クルマが車線をはみ出しそうになると、車線内に戻すようステアリング操作をアシストする機能)」などを実現した。

 高速道路の走行中に車線の中央を走行するようにステアリング操作をアシストする機能はすでに日産(三菱自動車)やホンダが、駐車時のステアリング操作のアシストはホンダがすでに実用化しており、ダイハツはこれらの競合車種と肩を並べる機能を実現することになる。

新型タントでは高速道路を走行中のステアリング操作のアシスト機能を実現した(写真:ダイハツ工業)