リクルートホールディングス(HD)は2014年の上場時に「20年に人材領域でグローバルナンバーワン」の目標を掲げた。世界人材大手であるスイスのアデコと売上高は肩を並べ、時価総額は1兆2500億円程度のアデコに対してリクルートHDは9兆5000億円と圧倒する存在になった。名実ともに人材領域で世界一となったリクルート。目指すその先の姿を、4月から社長に就いた出木場久征社長兼CEO(最高経営責任者)に聞いた。

出木場久征(いでこば・ひさゆき)氏
鹿児島県出身、45歳。1999年リクルート入社。旅行領域や美容領域をはじめ、数々の情報誌のネットメディア化、オンライン予約一般化などデジタルシフトをけん引。2012年に執行役員就任後、買収を推進した⽶インディードの会⻑に就任、13年よりCEOとして経営を執行。19年に取締役就任、20年より副社長執行役員を兼任し、21年4月から現職。

米人材テック企業のインディードを買収し、リクルートHDはグローバル企業に転換しました。2020年に人材領域で世界一とする目標は達成されたと思います。

出木場久征社長兼CEO(以下、出木場氏):人材領域にはまだまだ改革が行き届いていない部分があります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1939文字 / 全文2278文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「キーパーソンに聞く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。