アリババグループ傘下で、中国最大のスマートフォン決済『支付宝(アリペイ)』を手掛ける金融テクノロジー企業アント・グループが、上海と香港株式市場に同時上場する。調達額は350億ドル(約3.7兆億円)に達するとの報道もあり、実現すれば、2019年12月に上場したサウジアラムコ(294億ドル)を超え史上最高となる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2528文字 / 全文2551文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。