全2468文字
学生と会話をしながらオンライン卒業式を視聴した

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込み、経済活動が徐々に正常化しつつあった北京を感染第2波が突如襲った。北京市内最大の生鮮卸売市場である「新発地農産品卸売市場」で集団感染が発生。感染者は北京市内にとどまらず、市外でも関連の感染症例が確認された。

 北京市では、公衆衛生に関する緊急事態対応レベルを6月6日から引き下げていたが、新発地市場で新たな感染者が確認されたのはその直後の11日。約2カ月ぶりの新規感染者だった。

 北京市政府の対応は迅速であった。翌12日に感染拡大の兆候を確認すると、13日には新発地市場とその周辺の居住区を封鎖した。14日に「非常時」を宣言し、市場関係者など8万人弱を対象にPCR検査を実施。その後も驚異的な速さで検査範囲を拡大し、6月28日までの2週間で北京市の人口の約3分の1に当たる769万人の検査を行った。

 市政府の方針を受け、社会全体の反応も早かった。多くの企業で在宅勤務を増やし、繁華街の人出も減った。私の周りでも、多くの北京在住の友人たちが企画していた飲み会や旅行を急きょキャンセルした。

学生の大学復帰も中止に

 私が勤務する対外経済貿易大学でも13日には緊急通知が出され、2週間以内に本人や家族が「市場」に行っていないか、感染者と濃厚接触していないかなどを調査し、危険区域に指定されたエリアに住む教職員に対しては2週間の自宅待機が命じられた。また、卒業年次の学生を数回に分けて大学に戻す計画だったが中止となった。

 このような迅速な対応により北京市内における感染拡大は落ち着きつつあり、6月末には一部の地域でリスク評価が引き下げられはじめた。

 新発地市場で新たな感染者が見つかるまでは、北京では多くの経済活動が再開され、街には活気が戻りつつあった。経済が活性化すれば感染拡大リスクは当然高まる。ワクチンの開発など根本的な解決手段が確立するまでは、「経済再開→感染拡大→経済縮小→感染抑制→経済再開……」を繰り返すだろう。感染拡大を迅速に抑え込んでいかに短期間で経済再開につなげるかが要点となりそうだ。

 感染を抑制するための行動制限が強化される中、経済や教育など、我々の生活の多くがオンラインに頼らざるを得ない。対外経済貿易大学でも、複数回に分けて卒業式を実施する予定にしていたが、感染第2波を受け、急きょオンラインでの開催に切り替えた。

 6月29日に行われたオンライン卒業式の視聴者は1万2000人を超え、例年の参加者を大きく上回った。私も卒業生たちとグループチャットで会話をしながら、校長や教師代表の祝辞に耳を傾けた。ライブ中継の後には各学院が作成した卒業記念ビデオが配信されたが、オンラインでなければ自分と直接関係のない学院(⽇本の⼤学の学部に相当)の作品を視聴することはなかっただろう。