全3871文字
(※写真は本文とは関係ありません)

 今は介護とは無関係な生活を送っている。けれど、いつかは親の介護をすることになるんだろう……。

 親御さんが健在の方ならば、“身内の介護”については、少なからず想像したことがあるのではないでしょうか。ところが、親でも、親戚でもない、“赤の他人の介護問題”が、いきなり降りかかってくることもあるのです。

「管理人が勝手に部屋に入ってくる!」

 分譲マンションに住み、そこの理事長を務めるHさん。同じマンションで一人暮らしをする80代の男性からこんな苦情が入りました。

 「マンションの管理人が、自分の家に勝手に入り込んでくるんだ!」

 驚いて管理人に確認すると、そんな事実はないと言います。「そもそも、管理人がお預かりしているカギでは、個々の住宅のドアを開けることはできないんです」と。それを男性に伝えても、「でも、何回も入り込まれて本当に困っている」と繰り返すばかり。

 話し合いを重ねても、一向に問題は解決しません。一人暮らしなので客観的な情報も乏しく、らちがあきません。そしてふとHさんは、「もしかしたらこの男性は、認知症なのではないだろうか?」と、気がついたのです。

 ご存じの通り、この連載ではずっと「親が認知症ではと思ったら、すぐに地域包括支援センター(以下、包括)に連絡を」と訴えてきました。 

 でも、親でも親戚でもない「他人」についての相談を、包括に持ち込んでいいものなのか。しかも、「認知症では」という内容で。

 困り果てたHさんは、私に相談を持ちかけてこられました。

 企業の個別相談でも、こういった“赤の他人の介護問題”について相談を受けることがあります。また、逆のパターンとして「親が住むマンションの住民から、親に関する苦情の連絡を受けた」という方もいらっしゃいます。

 今、なぜ、こういった相談が増えてきたのでしょうか?