全9642文字

 「果たして、父はどの施設に入所できるのだろうか…」

 この夏、7カ所の特別養護老人ホームに見学へ行き、その中から5カ所を選び、たった今、父の「特別養護老人ホーム」の入所申込書を郵便局から速達で提出してきたところです。

 こんにちは。川内潤さんから伺ったお話を記事にまとめている、ライターの岡崎杏里と申します。

 今回は、これまでの川内さんのコラムのいわば「実践編」!?

 施設選びに直面して、私の頭の中に浮かんできたたくさんの「?」と、そう感じた経緯を振り返りながら、みなさんにも一緒に考えていただこうと思います。

 川内さんからのアドバイスや連載記事(「品川の介護施設殺人に思う、人員不足の怖さ」「『豪華な老人ホーム』に親を入れられなくても問題なし!」など)を参考に、選び方の基準になる要素を見つけていきましょう。

まずは状況説明から

 見学を希望した7カ所の施設については、マイカーを持たない私たちが公共の交通機関などで面会や通院の付き添いの際に施設まで行きやすい場所を選出しました。その中から、すべてに納得したわけではありませんが、切羽詰まっている状況(なのが、そもそもの反省点)の中で、「ここならば…」という5カ所を選出しました。

 まずは、岡崎がなぜ、認知症の父親の介護を「特別養護老人ホームにお願いしようと思ったのか」について、お話しさせていただきます。

 現在70代の父親は、50代前半に脳出血による若年性認知症(血管性認知症)になってしまいました。その介護を母親とともに20年以上在宅で頑張ってきたのですが、母親ががんを患い闘病生活を送ったり、私自身も結婚をして実家を出て子どもを持ったりと、状況がどんどん変化していきました。

 私が結婚したあとも、実家の近くに住んだことで、介護のメインは母になりながらも、デイサービスやショートステイなどを活用して、私は通いの介護でなんとかこれまでやってきました。

 ところが、この夏、母が体調を崩し倒れてしまい、いよいよ、在宅で父の介護を続けることが難しくなってしまったのです。

 しばらくは私が実家と自宅を行き来して、両親の介護を続けていました。ですが、まだ幼い子どもの育児も抱えていると、思っていた以上に体にも心にもストレスがかかります。

 実は過去に、母ががんになったとき両親の介護と看病を抱え、うつ状態になったこともありまして、自分が壊れてしまう前に「父の施設入所」を考えるようになったのです。

【川内からひとこと】

 介護する家族が、介護者の急変に追い込まれる形で施設選びをされるケースは決して少なくありません(なぜそうなるか、詳しくはこちら)。岡崎さんの場合は、このままお母様の代わりに介護に入れば、過去の経験から「自分が壊れてしまうかもしれない」というリスクセンサーが働きました。もし、ここで気づけなければ、子育ても介護も同時並行という、たいへん厳しいダブルケア状態になってしまいます。