全4663文字

 周囲への迷惑、配慮を最優先する生き方、考え方を否定するわけではありませんが、本人も家族もしんどくなるぐらいならば、このご家族ようにある意味「開き直ってみる」のも、ひとつの介護のあり方なのかもしれない、と私は思いました。

 前回も触れた通り、介護、特に肉親の介護は、事前に心構えをしたり、ワークフローを整えることをせずに素のままで立ち向かうと、心の余裕がどんどん削られる、という怖い特徴があります。

 それを知る身からすると、このご家族の、良くも悪くも開き直った介護は「なかなか、こうはできないぞ」と、思わず感動してしまうくらい稀有なものだったのです。親が何を望んでいるかを感じ取り、自分の負荷を極力抑えて、叶う限りで叶えてあげる。私も「目指すべきところ、目標」としてこういうことをよく話しますが、たいていの人はこのようにはいきません。なぜかといえば、自分の親に対しての期待(例えば「人に迷惑をかけない常識的な社会人であってほしい」とか)を抑えることができないから、です。

 そして、親のことを思い「元気だったころに戻るように……」と、親が望んでいないハードなリハビリ計画を立てて、体調を崩すことにつながったり、「できる限りのことをやってあげよう」と箸の上げ下ろしの面倒まで見てしまい、それまで親が自分でできたことまで子どもに頼るようになったりと、「介護地獄」に陥ってしまうのです。

家族でもできることを、プロがやる意味

 ここまでは前回も触れました。では、「介護地獄」に陥らないためにはどうしたらいいのでしょうか?

 それはとても簡単です。すべてを自分で抱え込んでしまうのではなく、できる限り早い段階から、介護のプロの手を借りることです。

 前回は、「ビジネスとは異なり、介護の頑張りを褒めてくれる上司も、ストップをかけてくれる同僚も存在しません」とお伝えしましたが、介護のプロはまずその役割を担ってくれます。

 例えば、ケアマネジャーが「これ以上抱え込んだら支える側が倒れてしまいますよ」と、介護サービスの追加を提案してくれたり、ヘルパーが同僚のように「パックご飯を召し上がっていますが、お値段もしますしゴミも多い。小さな炊飯器を買われてはどうでしょう?」と、距離が近過ぎる肉親だからこそ難しい、プロならではの客観的な視点で、アドバイスしてくれたりすることもあるのです。

 「でも、ヘルパーがやってくれる家事の補助って、家族でもできることばかりでしょ!」と思う方もいるかもしれません。確かに、料理を作ったり、掃除をしたり、オムツを替えたりすることは、会社員として優秀な人ほど学習能力が高いので、コツさえつかめば技術的な面はプロ並みになれるかもしれません。そういえば、単身で認知症のお母様の介護をされた『母さん、ごめん。』の松浦晋也さんは、まさにそのケースでした。

 実は「介護の技術をしっかり学び、親の介護を自分でプロ並みにやってあげよう」と、ヘルパーの講座に通い資格を取得する人もたくさんいます。私も、会社員を辞めて親御さんの介助のためにプロになった方を何人も知っています。