全6479文字

 今回は第3回の記事(「貴方が経営者! 介護申請はマネジメント思考で」)のコメント欄にいただいた投稿をもとに、皆さんと一緒に考えていければと思っております。

(今後も皆様からいただいたご意見をもとに、介護について共に考える機会を設けていきたいと思っておりますので、ご意見やご質問などは、Raiseの「“みんなの”介護生活奮戦記」までドシドシお寄せください。連載の進行に合わせてテーマを増やしていく予定ですが、どこに入るか分からない場合は、「[議論]介護の不安、悩みを吐き出してみませんか?」へお寄せください)

もう一度考える。なぜ優秀な会社員ほど罠に落ちるのか

 いただいた投稿の内容から改めて考えたいのは、「会社員として優秀な人」こそ陥ってしまう落とし穴について、です。

 会社員として優秀な人は、学習意欲も能力もあります。実行力も持っていて、しかも何でも器用にこなせてしまったりする。

 こういう方は、初めての体験の「介護」でも、仕事同様、自分の能力を全開にして立ち向かおうとしがちです。

 第1回の記事(「会社員として優秀なほど『介護敗戦』に突き進む」)でもお伝えしましたが、例えば「お客様の望みにお応えするのが自分のポリシー」とばかりに、「親が望んでいることをできる限り実現してあげよう」と思うかもしれません。

 これまで「お客様のために」頑張れば頑張るほど成果が出る、というビジネスで得た成功体験に加えて、親という自分にとって特別な存在に「育ててもらった恩返しがしたい」という思いも入ってくることでしょう。

 最初に触れたテーマを、ここで改めて取り上げたいと思った理由は、前回の記事のコメント欄にいただいたご投稿です。以下は、一部抜粋させていただいたものです。文字などは原文のまま転載しております。

 要支援2の母親の介護を始めてから、既に4年半が過ぎた。当初は余りに威張っていて、何でも『頼む』と言うよりは命令調で、子供が親の面倒を見るのは当たり前という感じだった。私は母親介護の為に、妻や近くに住む子供や孫と遠く離れて単身で帰郷し介護を始めた。

<中略>

 一年ほど経った時に母親が屋内で転んで筋肉を痛めた時から、三食とも私が担当することに。

<中略>

 母の分も一緒にとなると、毎度野菜炒めとはいかないので、ネットでレシピを調べては新しい料理のレパートリーを増やした。おかずだけでなく、ケーキやクッキーなども作るように。今までの経験で感じたことは、もしも介護職に高い給料が払えないなら、介護はロボットに任せるようにしたほうが良い。