日産自動車の超人気SUV(多目的スポーツ車)、新型エクストレイルの開発者インタビューです。

 よく晴れた日の午前中。インタビューは日産グローバル本社の会議室で行われた。
 お話を伺うのは、4代目エクストレイルの開発責任者である日産自動車 Nissan 第二製品開発本部 Nissan 第二製品開発部 第三プロジェクト統括グループ 車両開発主管の中村将一さんだ。

日産自動車 Nissan 第二製品開発本部 Nissan 第二製品開発部 第三プロジェクト統括グループ 車両開発主管の中村将一さん
日産自動車 Nissan 第二製品開発本部 Nissan 第二製品開発部 第三プロジェクト統括グループ 車両開発主管の中村将一さん

「タフと上質」を実現するカギ

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):はじめに中村さんのお言葉で、「端的に言うと、エクストレイルとはこんなクルマだよ」ということを教えてください。

日産自動車 Nissan 第二製品開発本部 Nissan 第二製品開発部 第三プロジェクト統括グループ 車両開発主管の中村将一さん(以下、中):エクストレイルは初代から「タフギア」というキーワードで造られてきたクルマです。もちろん4代目もそうで、今回はさらに上質さを兼ね備えたクルマに仕上げています。
 4代目エクストレイルをお話しする上で、いろいろな場面で出てくるキーワードなのですが、このクルマを一言で言い表すと、「タフと上質」を兼ね備えたクルマ、ということになります。

F:タフと上質。なるほど。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4804文字 / 全文5986文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。