みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 3連休は宮崎で過ごしておりました。
 台風14号が直撃した宮崎県。県内唯一のスキー場である五ヶ瀬ハイランドスキー場へのアクセス道が崩落し、今シーズンの営業中止が決まるなど、県内各地で深刻な被害が広がっております。地元のサーフィン仲間は、「ウチは3日間停電した」「ガレージの屋根が飛んだ」と「実家の屋根瓦が飛んだ」と沖に浮きながら被害状況を報告しておられました。

 大変な被害を受けたにもかかわらず、「それでもこうして波乗りができるんだからいいよね」と笑い合っている。こうしたロバスト性の高さが宮崎県人の特徴でありましょう。

台風で海底の砂の位置が変わってしまい、ポイントが大きく変わっていました。地元の方と仲良くなると、「あそこに行くといいよ」と教えてくれる。ありがたや。
台風で海底の砂の位置が変わってしまい、ポイントが大きく変わっていました。地元の方と仲良くなると、「あそこに行くといいよ」と教えてくれる。ありがたや。

 今回はバイクにも乗りました。宮崎は林道天国で、楽しい林道がたくさんある。さんざん走り回ってほてった体を冷やすため、滝つぼに飛び込んだりして楽しいひとときを過ごしてきました。

パン一で川に飛び込めるのも、今シーズンはこれが最後でしょうか。
パン一で川に飛び込めるのも、今シーズンはこれが最後でしょうか。

 本職の自動車評論家、渡辺敏史氏と話していたら、「フェルさん。最近宮崎にハマっていますよね。宮崎に行ったらこの方を訪ねるといい。きっと馬が合いますよ」と紹介されたのが、ホンダのOBでメルセデス・ベンツ日本の広報を長く務められた自動車業界の重鎮、川上昌明氏。ホンダの営業時代に九州エリアを担当され、宮崎の虜(とりこ)になってしまった。

 東京に家があるのに、こちらにも大きな家を建てられて、引退された今は好きなミニカーに囲まれて宮崎ライフを満喫されている。

膨大なミニカーコレクション。後ろの棚の4倍くらいの量が整然と並べられていました。
膨大なミニカーコレクション。後ろの棚の4倍くらいの量が整然と並べられていました。
なんと! 書斎には本田宗一郎翁の直筆サインが! これは宝物です。
なんと! 書斎には本田宗一郎翁の直筆サインが! これは宝物です。

 「せっかく宮崎に来たのだから、面白い方を紹介しますよ」と川上さんに連れて行っていただいたのが、宮崎市は清武町のスーパーカー専門店「F.PAZU」。トヨタ2000GTにフェラーリディーノ、フォードGT40と、とんでもないお宝クルマがゴロゴロ並んでいる。なんなんですかここは!

F.PAZU代表の福島茂樹さんと。「乗ってもいいですよ」と言われましたが、私には100年早いです……。
F.PAZU代表の福島茂樹さんと。「乗ってもいいですよ」と言われましたが、私には100年早いです……。

 楽しく充実した休日でありました。ナベちゃん。川上さん。もっちーにわたるくん。お世話になりました。宮崎へ通う頻度が増えそうです。

 ということで本編へとまいりましょう。
 ヒョンデのインポーターインタビュー後編であります。

次ページ なぜ一度撤退した?