なぜ一度撤退した?

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):話を蒸し返すようで申し訳ないのですが、ここでもう一度ヒュンダイ改めヒョンデ日本再上陸の話を聞かせてください。ヒョンデの乗用車は一度日本の市場から撤退している。そして12年ぶりに再上陸を果たした。前回はなぜ日本の市場に受け入れられなかったか。なぜダメだったのか。その原因は自己分析できているのですか?

Hyundai Mobility Japan マーケティングチーム シニアスペシャリスト 佐藤健さん(以下、佐):もちろんできています。いろいろな見方ができるのですが、一言で申し上げると「お客様の声をきちんとお聞きしてなかった」ということに尽きると思います。何よりもそこが足りていなかった。全部で6モデルだったかな。前回はほぼフルラインアップで日本の市場に持ってきていたのです。

「当時は、ほぼフルラインアップで参入したのです」(佐藤さん)
「当時は、ほぼフルラインアップで参入したのです」(佐藤さん)

F:確かにレンタカーで多く使われた小さいのから、(トヨタの)クラウンのように大きく立派なクルマもありましたものね。大きいのは個人タクシーで乗った記憶があります。革シートの立派なクルマでした。

:はい。そのセグメントもありました。たぶん6モデルとか7モデルとか。

 なぜいきなりそのような展開をしてしまったのか。今もそうですが、当時韓国国内でヒョンデは圧倒的に支持されていたのです。だからキチンとした自動車を「それなりの価格帯」……つまり国産車よりも若干低めのプライシングで提供すれば、日本でも売れるだろう、という読みで参入したのです。

 ですが、当時のヒョンデのクルマは日本のお客様が本当に求めているものではありませんでした。だから結果としてあまり売れなかった。

F:なるほど。

:それともう一つ。「韓国」という国に対するイメージ。韓国製品に対するブランドイメージです。韓国という国をブランドとしてどう捉えられるか。私は今56歳ですが、私より年上の方は、韓国のクルマなんか安かろう悪かろうだろうと。こんなイメージを強く持っていらっしゃるのです。

F:申し訳ないですが、はっきり言って私もそのように思っていました。今回IONIQ 5に試乗して、そのイメージは根底から覆されましたが。

:フェルさんのようなプロの方でもそうなのですから、一般の方々のイメージときたらもう……。間違いなくネガティブなイメージをお持ちです。でもそれが、40歳ぐらいを境に下の世代には全くないのですよ。ものの見事にネガティブなイメージがない。

世代で変わるクルマのイメージ

F:スマホとかテレビとか白物家電とかの影響でしょうか。私の年代だって、こと電化製品に関しては何のわだかまりもないでしょう。Samsung(サムスン)のチップなんて、好むと好まざるとにかかわらず、ほぼ例外なくスマホやPCの中に組み込まれているのだし。そして何よりもK-POP。あの圧倒的なパフォーマンスを見せつけられたら、もうグウの音も出ない。世界に通用する実力で本当にすごい。英語の発音も良いし。

:そうなんですよ。すご過ぎるでしょう。

AD高橋マンちゃん:僕の家は新大久保なので、K-POP系のお店は、それはもうすごい盛り上がりですよ。そもそも日本の若い子なんて、今や日本国内ではなく韓国の芸能界を目指すようになってきているし。

F:世界を目指すなら韓国から出たほうが確実だ、と。

:そうなんです。わだかまりがない。さらに40歳以下の方だと、クルマに対する考え方も大きく違ってきます。

F:クルマに対する考え方の違い。それはどのような?

:SDGs(持続可能な開発目標)です。それが間違いなくクルマを選ぶうえで上位にくる。今は小学校の頃からSDGsを学びます。だからこれからのクルマはクリーンでなければいけないという考え方が強くあって。

F:げげげ。

:となると、間違いなくその世代にはゼロ・エミッション・ビークル(ZEV、排ガスゼロ車)が刺さる。

F:あぁ……私は既に旧弊のジジイです。クルマを選ぶときにエコだクリーンだなんてほとんど考えていないもの。

:あと一つ。面白い傾向があります。年齢層が高くても、ヒョンデのクルマに対して偏見のないグループがある。それは海外経験の多い方です。海外に駐在されていたとか、年に何回も海外に出張されるとか。そういう方は、ヒョンデのクルマを抵抗なく受け入れる傾向があるのです。

F:なるほど。海外に行けば多く見かけますからね。それで「こんなに走っているなら間違いないだろう」と思うわけだ。興味深い傾向です。

 と、ここでもう一つ嫌なことを伺います。これはどうしても聞いておかなければならない大事なことです。追突事故を起こしたヒョンデのEV(電気自動車)が炎上して運転手が亡くなるという痛ましい事故がありました。あの事故はどうして起きてしまったのか。何が原因で燃えてしまったのか。ヒョンデとしての見解を教えてください。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4480文字 / 全文7401文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。