短期集中火曜日連載でお届けしたF1シリーズも今回で最終回である。
 大トリを務めるのはスクーデリア・アルファタウリの総帥、我らがフランツ・トスト氏。

 記憶力の良い読者なら覚えておいでだろう。トスト氏には2019年、アルファタウリへ改名前のトロ・ロッソ時代にインタビューを実施している。

 レース前の慌ただしいところをお願いして、アルファタウリとして3シーズン目を迎える氏にお話を伺った。

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):お忙しいところ、お時間をいただき恐縮です。以前インタビューしたことを覚えておいででしょうか?

インタビューに応えるフランツ・トスト氏。
インタビューに応えるフランツ・トスト氏。

フランツ・トスト氏(以下、T):もちろんです。2019年のシーズンでしたね。あのときはトロ・ロッソのモーターホームの中でお話をした。当時はホンダの社員だったユウスケ・スズキ(鈴木悠介氏)が困惑していたことを今でもよく覚えています(笑)。

 トスト氏はそう言うと悪戯っぽく微笑んだ。
 ホンダの前に供給を受けていたルノーのパワーユニットを、トスト氏はインタビュー中に散々に腐し、通訳として立ち会ってくれていた鈴木悠介氏を大いに慌てさせてたのだ。

 2019年はホンダがレッドブルとトロ・ロッソの2チームにパワーユニットを供給し始めた年で、ピット裏には背中に「HONDA」の文字が入ったウエアを着た日本人スタッフが大勢歩いていたものだ。
 当時現地で大変お世話になった山本雅史さんも鈴木さんも、そして元広報の松本総一郎さんも既にホンダを去っている。

ホンダを去っても山本さんと鈴木さんはF1の夢を追い続けている。シルバーストン・サーキットで久しぶりに会ったお2人と。
ホンダを去っても山本さんと鈴木さんはF1の夢を追い続けている。シルバーストン・サーキットで久しぶりに会ったお2人と。

F:当時のインタビューで、トストさんは、「F1は自動車メーカーの技術力を世界中にアピールする世界最高の舞台であり、たとえ経済状態が悪くなったり経営状態が芳しくなかったりしても、ホンダは絶対にF1参戦をやめてはいけない」とおっしゃいました。しかしホンダは昨年限りでF1から撤退してしまった。それについてはどう思われますか? 率直なご意見をお聞かせください。

T:初めに申し上げたいのは、我々スクーデリア・アルファタウリ、並びにレッドブル・レーシングは、今でもホンダと非常に緊密に連携しているということです。そしてこれまでのところ、その連携は非常に成功しています。

 ホンダは世界的に有名な自動車メーカーであり、企業として非常に優れており、私たちはホンダの経営陣と良好な関係を築いています。もちろんホンダがF1から撤退するという決断を下したときは、我々も大きなショックを受けました。しかし、我々は引き続き業務を円滑に行っています。

 忘れてはいけないのは、ホンダは今でもレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリに、日本の(本田技術研究所の)HRD Sakuraで造られているパワーユニットを供給し続けてくれているということです。ホンダのエンジニアは素晴らしい仕事をしてくれています。今のところ、以前と大きな違いはありません。ホンダは非常に優れた、パワフルで高品質なパワーユニットを提供してくれているのです。

 そして、今後数年間も我々は提携を続けます。非常にラッキーなことに、私たちはホンダと組み続けるのです。私たちはホンダと2025年まで提携を継続します。私たちにとってホンダは世界で最も優れた企業の1つです。この取り組みを楽しみにしています。

とはいえパワーユニットを供給する2チームのマシンに「HONDA」の文字はなく、パワーユニット横に小さく「HRC」(ホンダ・レーシング)のロゴが配されている。
とはいえパワーユニットを供給する2チームのマシンに「HONDA」の文字はなく、パワーユニット横に小さく「HRC」(ホンダ・レーシング)のロゴが配されている。

F:アルファタウリから見てホンダのパワーユニットはどうですか? 以前と大きく変わらないとのことですが、進化している部分はありますか?

T:F1のレギュレーションをよく理解する必要があります。大きな開発を行うことはレギュレーションにより許可されていないのです。ですがもちろん、小さな開発は行っていることでしょう。しかし大きな開発は必要ありません。彼らが供給するパワーユニットは素晴らしく、非常にパワフルです。うん、そう、しかし信頼性の面では若干の開発を行うかもしれませんね。でもそれ以外はとても良いものだから、開発の必要がないんです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2502文字 / 全文4139文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「なぜ世界はEVを選ぶのか」(全2回)

 日経ビジネスLIVEでは2人の専門家が世界のEV事情を解説するウェビナーシリーズ(全2回)を開催します。

 9月30日(金)19時からの第1回のテーマは「2035年、世界の新車6割がEVに 日本が『後進国』にならない条件」。10月14日(金)19時からの第2回のテーマは「欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線」です。各ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。


■第1回:9月30日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:2035年、世界の新車6割がEVに 日本が「後進国」にならない条件
講師:ボストン コンサルティング グループ(BCG)マネージング・ディレクター&パートナー滝澤琢氏

■第2回:10月14日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線
講師:フレイル・バッテリー(ノルウェー)CTO(最高技術責任者)川口竜太氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
主催:日経ビジネス
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。