F1はその昔、広告業界で効果の低いメディアと認識するきらいがあった。やたらとカネがかかる割に、それほど高い広告効果が期待できなかったからだ。

 それでもバブルの頃は多くの日本企業がF1のスポンサーになり、中にはチームを所有する企業まで現れた。しかしその後は読者諸兄もご存じの通り。多くの日本企業がF1から遠ざかり、ついには頼みの綱のホンダまで撤退してしまった。

 そんな中、日本人が代表を務める投資会社のBuzz & Co Group(Buzzグループ)が、2022年のシーズン途中で名門F1チームのスクーデリア・アルファタウリのオフィシャル・パートナーという得難い立場を獲得した。

 Buzzはいかにしてその“得難い立場”を獲得したのか。そもそもなぜF1チームのスポンサーになるのか。代表の長谷川大祐氏インタビュー続編である。

Buzz & Co Group 代表の長谷川大祐氏(左)
Buzz & Co Group 代表の長谷川大祐氏(左)

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):F1は、米リバティ・メディアの買収により賞金額が増額され、一方でチームの運営費用には上限が課された。その結果、たとえ下位のチームであっても、スポンサーに頼らずにチームの運営ができるようになった。このお話にはとても驚かされました。F1のスポンサーには、やはりタニマチ的要素が大きいものなのかと思っていました。

Buzz & Co Group 代表取締役 長谷川大祐氏(以下、長):確かに過去にはそういう要素もないことはなかった。例えば「どうしても自分の息子をF1に乗せてやりたい」という大金持ちのお父さんなんかは実際にいた。そういう人は自分の会社で息子が乗るチームのスポンサーをしちゃうんです。

F:「ああ、年間100億でいいのね。それくらいならパパが出してあげよう」、みたいな(笑)。

:極端な話、そんな世界です(苦笑)。でもそういう人はしょせん「一見(いちげん)さん」です。息子の旬が過ぎたらとっととスポンサーを降りてしまう。でも今は違います。スポンサーの審査は非常に厳しく、一見さんはお断りになってきている。アルファタウリだってそうですよ。スポンサーの申し出をバンバン断っている。賞金が増額されて運営資金にキャップがかぶせられたから、スポンサーに頼る必要がないんです。

F:今回長谷川さんの会社がオフィシャル・パートナーになったアルファタウリも、それほどガツガツ資金を必要としていないということですか?

:はい。全くガツガツしていません。アルファタウリは基本的にF1で利益を上げようというチームじゃないんです。あそこは選手育成が主たる目的のチームで、トップチームであるレッドブル(オラクル・レッドブル・レーシング)への登竜門的な存在です。だから年間を通して収支がトントンになっていればそれでOKという感覚です。そもそもチーム代表のフランツ・トスト(※)さんが、お金に全然興味のない人で、本当にレースのことしか考えていませんから(笑)。今までは毎年レッドブルがアルファタウリに5000万ドルぐらい補填していたんです。でも今年からそれも必要なくなりました。全て自力でチーム運営ができるようになったんです。

※参考:トスト氏インタビューの過去記事 「ホンダが遅かったのはマ●ラーレンのせいだよ!」

F:長谷川さんは昨年までマクラーレン・レーシングの取締役を務めていましたね。

:はい。上級副社長でした。あそこもこの1年でものすごいことになっていますよ。本体であるマクラーレン・オートモーティブは中東の資本なんですが、レーシングのほうは全てアメリカ資本です。時価総額は円で1500億くらいになっています。今までレーシング部門はオートモーティブの金食い虫扱いでしたが、その立場は逆転されつつあります。

F:もはやF1は金食い虫ではないと。

:全く金食い虫ではありません。これからはF1チームそのものが利益を生むんです。それがたとえ下位のチームであっても。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4710文字 / 全文6344文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

セミナー開催 フェルディナント・ヤマグチ流「部下育成」!

 本コラムの著者、フェルディナント・ヤマグチ氏が「日経ビジネス課長塾オンデマンド」主催のセミナーに登壇します。

 今回、課長塾オンデマンドではあえて、「企業人としてのヤマグチ氏として、登壇してください」とお願いしました。なぜならヤマグチ氏は、「コラムニストとの両立」という多忙な生活を、20年もの長きに渡り成立させてきた人だからです。本セミナーでは、そんなヤマグチ氏ならではの(仕事についての)方法論に迫ります。

 とはいえ講演時間は、わずか1時間。そこで今回は、「部下育成」にテーマを絞って話していただきます。部下やチームのマネジメントにお悩みの方は、ぜひご参加ください!






>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。