みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 土曜日は千葉県の袖ケ浦にある「東京ドイツ村」で開催されたSPARTAN RACE(スパルタンレース)に出場してまいりました。

大人の障害物競走とでも言いましょうか。塀を越えたり綱によじ登ったり重量物を担いで走ったり。文字通りの「難関」を通過するタフなレースです。今回はトライアスロン仲間の平工くんと一緒に出場してきました。
大人の障害物競走とでも言いましょうか。塀を越えたり綱によじ登ったり重量物を担いで走ったり。文字通りの「難関」を通過するタフなレースです。今回はトライアスロン仲間の平工くんと一緒に出場してきました。

 久しぶりの競技会。少しは走っておかなければ、と直前にジタバタしたのが悪かった。ガラにもなく追い込んで走ったら膝を痛めてしまった。土曜日のレースを前に、木曜も金曜も痛みが抜けない。必死にアイシングしても効果がない。

 仕方がないので出走1時間前にロキソニンを3錠キメて出場した。
 練習不足の上に故障した膝。「痛くなったらすぐリタイヤ」と心に決め、あまりシャカリキにならず、レースを楽しむつもりでゆるゆると。

今回も順調に死亡いたしました。
今回も順調に死亡いたしました。

 するとどうでしょう。無心で挑んだのが良かったのか。エイジで2位に入賞しているではありませんか。こうなると俄然やる気になってくる。キチンと練習していれば優勝していたかもしれません。海外のレースを荒らしてこようか、なんてスケベ心がムクムクと頭をもたげます。
 そして翌日になるとさらなる朗報が。なんと順位が1位に繰り上がっている。

60代男性の出場は10人ですからね。それほど威張れる結果ではありませんが、1位は1位。素直に喜びましょう。
60代男性の出場は10人ですからね。それほど威張れる結果ではありませんが、1位は1位。素直に喜びましょう。

 10kmレースには途中に25カ所の障害物がある。障害をクリアできないと、バーピージャンプ30回というペナルティーが待っている。これをごまかす選手がいるのです。確かに見ていると「お前やっていないだろう」という人が散見される。遅い人はまだしも、入賞に絡む選手のイカサマはいけません。昨日暫定1位だった人は、後のビデオ判定で不正が発覚し、1位剥奪となったわけです。ズルはあきまへんで。

スパルタンレースの日本における開催権を持つ手代木 達くん。会場でいきなり「フェルさんですよね」と声をかけられた。「ゴメンなさい。どちらさまでしたっけ……」とヘドモド返事をすると、「3年前に一緒に食事をしたじゃないですか、手代木です」と。
スパルタンレースの日本における開催権を持つ手代木 達くん。会場でいきなり「フェルさんですよね」と声をかけられた。「ゴメンなさい。どちらさまでしたっけ……」とヘドモド返事をすると、「3年前に一緒に食事をしたじゃないですか、手代木です」と。

 3年前、確かに彼と1回だけ食事をした。それで顔を覚えているのが凄い。人の顔と名前を全く覚えられない私からすると彼はスーパーマンです。
 当時は大手広告代理店の営業担当で、「スパルタンを日本で本格的に展開していきたい」と熱く語っておられたことを思い出しました。本当に実現したんですね。素晴らしい。
 手代木くん。応援しますぜ。スパルタンレース、盛り上げていきましょう!

 翌日は痛い膝を引きずって、友人宅の改装祝いに。
 なんなんですかこの家は。なんで家に寿司カウンターがあるんですか。

響の30年なんて初めて飲みました。顔を出したがらないMくん。おめでとうございます。ごちそうさまでした。おかげで膝が治りました。
響の30年なんて初めて飲みました。顔を出したがらないMくん。おめでとうございます。ごちそうさまでした。おかげで膝が治りました。

 というわけで本編へとまいりましょう。

 アイシン精機改め、アイシン(※)のMCB開発者インタビューです。

(※編集部注:2021年、アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュの経営統合によりアイシンを設立)