みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 某中古車雑誌の企画で、後輩のMiekoさんとカーセンサーの西村統括編集長に拙宅までお越しいただき、撮影を行いました。Miekoさんが新しいクルマを買おうとレクサスNXをオーダーしたら、なんと1年半待ち。その期間どうしましょう、と相談を受けたので「それならツナギのクルマとして中古を買っちゃえば」と。

 今までたくさんのクルマを乗り継いでこられた彼女ですが、中古車は買ったことがない。選択肢として考えたこともない。

 そんな彼女が昨今の新車不足で中古車にトライするというお話です。半導体不足に加えて新型コロナウイルス禍とウクライナ戦争で物流が停滞し、自動車の生産は本当にエライことになっています。この先どうなっていくのでしょう……。

Miekoさんと西村統括編集長。後ろ姿は褒め上手カメラマンの尾形さん。
Miekoさんと西村統括編集長。後ろ姿は褒め上手カメラマンの尾形さん。

 ハスクバーナの最新アドベンチャーバイクであるNORDEN 901。バイク仲間とツーリングに行ってきました。

手前左からホンダアフリカツイン、NORDEN 901、NORDEN 901、ドゥカティ スクランブラー改、スズキV-Strom。これだけ並ぶと壮観ですな。
手前左からホンダアフリカツイン、NORDEN 901、NORDEN 901、ドゥカティ スクランブラー改、スズキV-Strom。これだけ並ぶと壮観ですな。

 林道俳優大鶴義丹氏に世界の宮城光氏、後輩の井手くんにいつも一緒に走っている赤池くん。楽しい仲間と楽しいライド。最高に充実した時間でありました。

買ったばかりのNORDEN 901で参加した井手くんは、ちょっと悲しいことがありまして半泣き状態です。この写真を撮った後に、私も半泣きになるわけですが……。
買ったばかりのNORDEN 901で参加した井手くんは、ちょっと悲しいことがありまして半泣き状態です。この写真を撮った後に、私も半泣きになるわけですが……。

 しかしNORDEN 901は良いバイクですな。この車体で200キロというのは本当に凄い。次回の特集はNORDEN 901です。ご期待ください。

大型バイクで林道を走るのは、エンデューロとはまた違った楽しさがありますね。ともかく緊張感がハンパない。また増車……?
大型バイクで林道を走るのは、エンデューロとはまた違った楽しさがありますね。ともかく緊張感がハンパない。また増車……?

 ライドの後は「33万キロの男」Antonio和歌氏も来宅され、フェル号のリペアをしていただきました。カウルを取った一言目は「汚ねぇ……」。スミマセン。掃除します。

Antonio出張野戦病院。「写真なんか撮ってないで手を動かしなよ。あんたのバイクでしょう」。アントン氏、目が怒っています。大変申し訳ございません。
Antonio出張野戦病院。「写真なんか撮ってないで手を動かしなよ。あんたのバイクでしょう」。アントン氏、目が怒っています。大変申し訳ございません。

 来週末はマツダの虫谷さんにお誘いいただき、広島まで走りに行きます。広島のみなさま。お騒がせいたします。

 ということで本編へとまいりましょう。
 SUBARU レガシィ アウトバックの開発者インタビューをお送りします。

次ページ 「エンジン不具合」の関心の高さよ