記憶の良い方であれば覚えておられよう。
 私のバイク仲間であるAntonio和歌氏は、3月14日に公開した当欄第647回「33万キロの男が語る。ハイエースを買うなら断然ワイド」で、自動車の構造に関して、「トレッド幅はサスペンション形状に勝る」と語った。

(参考:「33万キロの男が語る。ハイエースを買うなら断然ワイド」)

※トレッドとは左右タイヤ接地面の中心間の距離である。広くすると安定性が良くなりコーナリング性能が向上するが、一方でボディの幅が大きくなり、小回りが利きづらくなるなどのデメリットがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5819文字 / 全文6755文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。