みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 某最良自動車誌の取材で、航空自衛隊入間基地へ行ってまいりました。
 今回は大型ヘリ「チヌーク」の試乗と、地対空ミサイルの見学であります。

いろいろお世話になったヘリパイの島林さん。前後に同期する回転翼を備えるチヌークは、普通のヘリよりも操縦がしやすく、微細な動きも得意なのだそうです。
いろいろお世話になったヘリパイの島林さん。前後に同期する回転翼を備えるチヌークは、普通のヘリよりも操縦がしやすく、微細な動きも得意なのだそうです。

 1962年に米陸軍正式採用のチヌークは今年で59歳。改良に改良を重ねて、今でも新造されているのですから、よほど基本設計が良かったのでしょう。空自は現有機で打ち止めのようですが、陸自ではまだまだ導入が続いています。実は陸自仕様と空自仕様は脚の部分が違うのですが、その辺は最良自動車誌で(笑)。

難易度の高い傾斜地離着陸訓練。前上がり、前下がり、右上がり、左上がりと四方の訓練を繰り返します。どれも一発でピタッと決まりました。
難易度の高い傾斜地離着陸訓練。前上がり、前下がり、右上がり、左上がりと四方の訓練を繰り返します。どれも一発でピタッと決まりました。

 チヌークの最大積載量は何と8トン(島林さん談)。しかも機内積載だけでなく、吊り下げて物を運ぶこともできる。長く使われている理由が分かります。

ウインチを使って荷物を下ろす訓練。高所恐怖症の人ならションベンちびります。
ウインチを使って荷物を下ろす訓練。高所恐怖症の人ならションベンちびります。

 ミサイル発射装置もじっくり見させてもらいました。三菱重工業のライセンス生産品。

発射時の衝撃に耐えるためでしょうか、左右に張り出すアウトリガーは油圧ではなくボール&ナット作動式でした。
発射時の衝撃に耐えるためでしょうか、左右に張り出すアウトリガーは油圧ではなくボール&ナット作動式でした。
発射要員のみなさま。20歳の女性隊員もおられました。かように年端もいかない若い女性が国防の重責を担っているのです。我々国民は感謝しなければいけません。
発射要員のみなさま。20歳の女性隊員もおられました。かように年端もいかない若い女性が国防の重責を担っているのです。我々国民は感謝しなければいけません。

 今週のHarley-Davidson(ハーレーダビッドソン)は超重量級の「ロードキング」。いやもう安定感の塊です。それなのにワインディングもスイスイ行ける。これは楽しい。Harleyいいなぁ。

今回は車重375kgのロードキングでロングツーリングに行って来ました。名前に負けない路上の王様。通の間ではローキンと呼ぶそうです。労金じゃないです。
今回は車重375kgのロードキングでロングツーリングに行って来ました。名前に負けない路上の王様。通の間ではローキンと呼ぶそうです。労金じゃないです。

 ということで本編へとまいりましょう。
 ヒゲの隊長こと佐藤正久議員のインタビュー第3弾です。

続きを読む 2/5 アフガン人協力者の受け入れ準備はできていた

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2774文字 / 全文7023文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。