みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 Harley-Davidson(ハーレー・ダビットソン)のバイクを試乗しております。
 デカくて重くて運転しにくい鈍重なバイク……というイメージがあったのですが、どうしてどうして。非常に運転しやすいバイクであります。ワインディングを気持ちよくスイスイと抜けていく。ドコドコと腹に響く振動が心地いい。なるほどハマる人が多いのも納得です。

ハーレー乗りは年配の方が多い印象ですが、若い方にも愛好家はいるのですな。26歳の同級生仲間だそうです。素晴らしい。みんな本当に楽しそう。
ハーレー乗りは年配の方が多い印象ですが、若い方にも愛好家はいるのですな。26歳の同級生仲間だそうです。素晴らしい。みんな本当に楽しそう。

 ハーレーに乗るにはいろいろと“お作法”があるようで、ヘルメットもその一つ。

 待ち合わせ場所の関越自動車道三芳PAで話した年配のハーレー乗り氏。「お兄さん、あんたハーレーに乗るの初めてだろ?」「え? 分かりますか? 今日初めて乗るんですけれど」「ひと目見りゃ分かるよ。だいたいヘルメットがそんなんじゃダメだ」「いちおうAraiの高いやつなのですが」「ハーレー乗るのにフルフェイスじゃダメよ。半キャじゃなきゃ」「ははぁ。半キャですか」「本来はノーヘルで乗るものなんだからさ。アメリカじゃみんなノーヘルよ」「ははぁ……」

 見渡すと確かにフルフェイスで乗っている人はいない。でもなぁ、半キャでコケたら顎が砕けますからね。私はヘボなので当面フルフェイスで乗ろうと思います。

今回試乗したFLSソフテイルスリム。いや、ハーレー楽しいです。
今回試乗したFLSソフテイルスリム。いや、ハーレー楽しいです。

 某最良自動車誌の取材で入間基地に行ってきました。
 今回もサブスリーランナーの中島一等空佐のお口添えで。中島閣下。いつもありがとうございます。

ベトナム戦争の頃に開発され、今もバリバリ現役のチヌーク。増量タンクを使えば、2000キロも飛べるのだそうです。今回は見るだけで、試乗は再来週。
ベトナム戦争の頃に開発され、今もバリバリ現役のチヌーク。増量タンクを使えば、2000キロも飛べるのだそうです。今回は見るだけで、試乗は再来週。

 某自動車頂点誌の取材で群馬県高崎市にあるケントスピードへ。
 もともと客として出入りしていた茂木誠さん、「いろいろあって」会社ごとTakeoverすることに。

公道も走れるフォーミュラカー。スーパーセブンは実に魅力的。欲しい物がどんどん増える。このままじゃイカン。自制します。
公道も走れるフォーミュラカー。スーパーセブンは実に魅力的。欲しい物がどんどん増える。このままじゃイカン。自制します。

 ということで本編へとまいりましょう。
 佐藤正久参議院議員のインタビュー続編です。

続きを読む 2/5 陸上自衛隊で偉くなるには?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3063文字 / 全文7101文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。