みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 週末は素敵なキャンプに行ってきました。
 川辺にテントサウナを立て、身体が温まれば川に飛び込み、極上のBBQを味わうという。夢のように贅沢なひとときを過ごしました。

 トイレや水の問題がありますから、やはりキチンと整備されたキャンプ場を使いたい。
 一方で「キャンプ場」というとゴチャゴチャと混み合ったイメージがある。ですがここは完全に別世界です。

ご覧くださいこの環境。左に見える黒いテントが特注のサウナテント。3層構造の分厚い生地を使っていますから、室内温度は楽勝で100度まで上がります。熱くなったらすぐ隣に流れる川にドボン。いや極楽極楽。
ご覧くださいこの環境。左に見える黒いテントが特注のサウナテント。3層構造の分厚い生地を使っていますから、室内温度は楽勝で100度まで上がります。熱くなったらすぐ隣に流れる川にドボン。いや極楽極楽。

 食事も素晴らしかった。日本に羊肉の本当の美味しさを広めようと日夜研鑽されている羊SUNRISEの関澤波留人くんが極上の羊料理を振る舞ってくれました。

牛肉でいうとロースに当たる部分になりましょうか。骨付きのロースは「フレンチラック」と言うそうです。これを連結して王冠状にして焚き火の上で炙る野趣溢れる豪快な料理が「ラムクラウン」です。
牛肉でいうとロースに当たる部分になりましょうか。骨付きのロースは「フレンチラック」と言うそうです。これを連結して王冠状にして焚き火の上で炙る野趣溢れる豪快な料理が「ラムクラウン」です。

 「羊肉は臭い」と敬遠する向きもおられましょうが、そのほとんどは管理状態の悪い肉です。新鮮で正しく管理された肉はたとえマトンでも決して臭わない。今回は社長自らが厳選してくれたラムですから、不味かろうはずがない。

焚き火の上で豪快に炙る「ラムクラウン」。こんな料理があるんですな。初めての経験です。いや、美味しゅうございました。
焚き火の上で豪快に炙る「ラムクラウン」。こんな料理があるんですな。初めての経験です。いや、美味しゅうございました。

 今回のキャンプは若い友人の持田智之くん率いるナインゲーツの若手社員がフルサポートしてくださいました。ありがとうございました。
 いまどきこんなにビシッと動ける若い衆がいるんですな。感激とともに感謝。

 日曜日は後輩の井手くん、嶋ティ嶋本くんとオンロードで軽くツーリングに行きました。
 軽量なオフ車ではかなり自在にバイクを扱えるようになってきたのですが、重量のある大型バイクはまだまだです。「アタマ入れて!」「タイヤを信じてもっと倒し込んで!」とインカムを通して2人からご指導いただいたのですが、まったくのウスノロです。ロードで転んだら死んじゃうもんなぁ。速くなりたい。しかしコケたくない。サーキットへ行って練習したほうがいいのでしょうか……。

後輩の井手くん、嶋本くんと。2人とも速いね。
後輩の井手くん、嶋本くんと。2人とも速いね。

 さてさて、それでは本編へとまいりましょう。
 「長く細く低く」なった、8代目ゴルフのインポーターインタビューです。

続きを読む 2/5 再始動のスムーズさは特筆もの

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1936文字 / 全文6653文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。