みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 連休はハイエースにバイクを載せて山に走りに行ってきました。
 納車1カ月で、早くも走行距離2500キロを突破。なかなかのペースで走っております。

手前がフェルエース。今はどノーマルですが、徐々に手を入れていく予定です。
手前がフェルエース。今はどノーマルですが、徐々に手を入れていく予定です。

 今回は林道俳優大鶴義丹氏と、ラリースト三橋淳氏とご一緒させていただきました。
 三橋氏からインカムを通して要所要所でレッスンをいただくと、これがまた鬼のように効く。
 氏の指導は「体をこう動かしましょう」ではなく、「バイクをこう動かすためには、このような入力が必要です、だから体をこう動かしましょう」という非常に具体的かつ物理法則に則った科学的なもの。今回の合宿でコーナリング速度が(特に苦手だった右ターンが)劇的に向上しました。三橋さん、ありがとうございました。いや、プロというのはすごいものです。

林道俳優大鶴義丹氏、ラリースト三橋淳氏と。
林道俳優大鶴義丹氏、ラリースト三橋淳氏と。

 台風が近くに来ていましたが、奇跡的に天候にも恵まれ、非常に有意義なライドとなりました。

お2人は私の4倍以上の排気量がある最新のアフリカツイン。この巨体をひょいひょいと軽く扱うのですからね。私もいつの日かこんなバイクに乗れるようになるのでしょうか……。
お2人は私の4倍以上の排気量がある最新のアフリカツイン。この巨体をひょいひょいと軽く扱うのですからね。私もいつの日かこんなバイクに乗れるようになるのでしょうか……。

 帰りがけの山道で、転落したクルマを発見しました。行きでは見かけなかったので、この2時間の間に落ちたようです。「誰かいますかー!」と声をかけるも反応なし。恐る恐る車内を覗くと、室内には誰もおらず、子供のオモチャなどが散乱し、室内灯が点灯している。
 運転席側の窓が開いているので、ここから自力で這い出したのでしょう。
 しばらくすると警察の車両とすれ違い、「た、谷にクルマが落ちています」と報告すると、「乗っている人は無事で、これから現場へ向かうところです」と。
 楽しい連休も事故など起こしたら最悪の思い出になってしまいます。安全運転を心がけましょう。

安全運転世界の願い、であります。
安全運転世界の願い、であります。

 某最良自動車誌の取材でマツダのロータリーエンジンの工場へ行ってきました。
 なんとマツダは13Bロータリーエンジンを今でもコツコツと造り続けているのです。

完全な手作業で、生産量は年間200基。主にブローしてしまったエンジンの載せ替え用として造られているそうです。やっぱり発電機ではなく動力源としてのロータリー車に乗りたいですね。水素で復活とかあるのでしょうか。
完全な手作業で、生産量は年間200基。主にブローしてしまったエンジンの載せ替え用として造られているそうです。やっぱり発電機ではなく動力源としてのロータリー車に乗りたいですね。水素で復活とかあるのでしょうか。

 ということで本編へとまいりましょう。
 インターステラテクノロジズ 代表取締役、稲川貴大氏の打ち上げ直前インタビュー続編です。

続きを読む 2/5 実はニコンから内定をいただいていました

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2940文字 / 全文8274文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。