みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 ハイエースが納車されました!
 中古専門の不肖フェルが、人生2回目の新車購入です。

 今回お世話になったのは、京都は唐橋西寺町のホットスタイルさん。米大統領専用機の内装をイメージした「エアフォース・ワン」を製作したことでも有名な、ハイエース専門のカスタムビルダーです。

ホットスタイルの岡俊樹社長と。ハイエースを愛し、波乗りを愛するナイスガイ。自然体で肩に力が入っていないところが素敵です。

 今回はカスタムビルダーからクルマを買いましたが、各方面から「イキナリ手を付けるのではなく、まずは素のままの状態を味わってから」とアドバイスをいただいたので、素のまま乗って帰りました。これから徐々に手を加えていこうと思います。

防音防振対策加工中のハイエース

 クルマを受け取りに行きがてら、ファクトリーを見学させていただいたのですが、衝撃的だったのがこちら。防音防振用の銀色に光る鉛のシート。内装を全て剥ぎ取り、鉛板を車内全体に張り巡らし、その上に断熱材を張り、内装を戻すのだそうです。こうするとガタピシ騒々しいハイエースが、レクサスの上級車種のようにピシッと静かになるのだそうです。
 ドアの開閉を試したのですが、たしかにレクサスLSのような「ボスっ」と低い音が響きました。ノーマルのハイエースは「バシャっ」という軽い音ですからね。

京都市内のホットスタイルから拙宅まで450キロ。燃費はリッターあたり14.7キロでした。空荷ということもありますが、悪名高いフェル燃費でこの数値は驚異的。ディーゼルは燃費がよくて嬉しいです。これからバイクを載せてガンガン遊びに行きます。原稿が遅れるかもしれません。先に謝っておきますね。さーせん。

 ランドローバーがスポンサーをしている「スパルタン」なるレースに、本職の自動車評論家、河口まなぶ氏と共に出場してまいりました。彼の主宰するYouTubeチャンネルの「LOVECARS!TV! 」は、100万回再生も当たり前の、超人気チャンネルです。

河口まなぶ氏と。会場にはディフェンダーの体験試乗コースが設置され、行列ができておりました。ディフェンダーはディーゼルのモデルが出たばかり。1週間ほど試乗しましたが、メチャいいです。買うならディーゼル一択です。

 今年もコロナの影響でトライアスロンの大会が軒並み中止されています。
 スパルタンは感染対策をバッチリ施して、果敢に開催しています。スタート直前までマスク着用。ゴール後も即着用&手指の消毒。ちょっと厳し過ぎる感もありましたが、これくらいでちょうどいいのでしょう。
 ランドローバーさん。ありがとうございました。楽しゅうございました。

キツいけど楽しかった。雲梯とか綱上りとか、結構できるものですね。新潟大会も出ようかな。

 ということで本編へとまいりましょう。
 マツダの風雲児、梅津大輔さんのインタビュー続編です。

続きを読む 2/5 なぜEVは4駆にしなかったのか

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2922文字 / 全文7125文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。