みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 観測ロケットMOMO7号機、いわゆる“ホリエモンロケット”の打ち上げ実証実験の見学に行ってきました。

今回はネジの会社がスポンサーとなっているため、ネジをイメージしたペイントが施されています。

 全長10.1m、直径0.5m、燃料込みの総質量は約1.2トンという小型のロケットですが、これが高度100キロの宇宙空間にまで飛んでいくのです。

若きエンジニア、稲川貴大氏が率いる、インターステラテクノロジズ。この稲川さんがまた非常にユニークなのです。たっぷりお話を伺ってきましたので、近いうちに公開しましょう。

 MOMOは燃料にエタノールを、酸化剤に液体酸素を使っています。ロケットって猛毒を吐き散らかして飛ぶものかと思っていたら、MOMOは極めてクリーンなエンジンを使っているんですな。勉強不足でした。

轟音とともに空へ吸い込まれていく姿はなかなか感動的でありました。中には感動のあまり涙ぐんでおられる観客も……。

 打ち上げ実験は今回で6回目。宇宙空間まで到達したのは2回目だそうです。打率で言うと3割3分3厘の成績。多少の待ち時間はありましたが、見に行ったその日に打ち上げを見ることができたのは「極めてラッキー」とのこと。いや、本当にラッキーでした。

 今月中に再度打ち上げ実験があり、以降は倍の大きさでペイロードも100kgになる次世代機の開発が進むそうです。これは楽しみです。

 ということで本編へとまいりましょう。
 マツダMX-30の開発エンジニア、梅津大輔さんのインタビュー第3弾です。

続きを読む 2/5 デザイナーからサルのお相手に

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1893文字 / 全文7245文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。