みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 週末は9GATES. PRO太東というロングボードの大会を見学に行ってきました。

サーフィンの師匠である宮崎から参加の秋本祥坪プロ。惜しくも同点3位となりましたが、実に美しいライドでした。

 実はコソッとサーフィンの練習をしています。この手のバランス系は得意なので、ソコソコ乗れるようになってきました。注文したハイエースが来たらサーフトリップに……と言いたいところですが、5月に発注し全額払い込んでいるのにまだ納車時期すら決まっていません。いったいいつ納車されるのでしょう……。

 納車が遅せぇぇぇぇと会場でボヤいていたら、いい人がいますよ、とフォトグラファーの方を紹介していただきました。 KEN-10さん。お仕事柄、何台ものハイエースを乗り継いでこられた大ベテランです。改造について、いろいろアドバイスをいただきました。彼のハイエースにはラジエーターの排熱でお湯を沸かすシステムが搭載されています。これは良さそう。

総額800万オーバーのKEN-10号。は、ハッピャクマン! ハイエースにハマるとエラいことになりますな……。

 太東から富津に移動して、日が落ちるまでバイクの練習をしました。
 この日は収穫があったなぁ。ターンの際に内足を前に投げ出す理由が理論的にも感覚的にも理解できました。

暗くなるまでキッチリ走りました。クリアレンズのゴーグルが要りますね。

 あらゆるスポーツに共通することですが、我流はいけません。上級者に教わるのが一番の近道です。ましてやいい歳ぶっこいて遅咲きデビューの不肖フェル。試行錯誤なんてしていられません。Antonio 和歌コーチ。ご指導感謝です。

バイク仲間のみなさんと。楽しゅうございました。

 暗くなるまで練習……と言葉ではよく言いますが、この日は本当にマックラになってしまった。なるほどバッテリー式の作業灯は必須ですね。納車後のお買い物リストに入れておきましょう。

バイクを積み込むころにはあたりはマックラに。今日も一日頑張りました。

 ということで本編へとまいりましょう。
 2代目レヴォーグの開発責任者、五島賢さんのインタビュー最終回です。

続きを読む 2/5 テーマは「ワゴン価値」の復権

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2961文字 / 全文7203文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。